D-POPS

【プロが解説!】『Rakuten UN-LIMIT Ⅵ』の詳細/メリットとデメリット

【プロが解説!】『Rakuten UN-LIMIT Ⅵ』の詳細/メリットとデメリット

 

まえがき

(2021年10月更新)

ドコモのahamo(アハモ)などオンライン専用の「20GBプラン」の登場後、2021年4月に楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ (ラクテン アンリミット シックス)」が登場しました。

 

ahamoのインパクトに負けじと、楽天モバイルは「データ使用量1GBまでなら0円。料金は使った分だけ。どれだけ使っても3,278円(税込)」というプランを開発し、「データ無制限で使いたい」というニーズだけでなく、「1~3GBだけ使えれば良い」というニーズにも応えうるプランを発表したのです。

 

筆者が初めて楽天モバイルを契約したのが2020年の10月。

 

別記事楽天モバイル使ってみたにもありますが、筆者の生活圏は東京23区内です。この1年、楽天モバイルを使ってみて「(圏外になる時もあるけど)電波も繋がり、普通に使えるじゃん」と思った一方、「契約して1~2ヶ月は電波の繋がりは良かったのに、3月頃になるとつながりにくくなったな」と思う日もありました。

スマホ圏外

電波の繋がり具合に関しては「楽天回線エリア」「パートナー回線エリア」と呼ばれるものが大きく関係してくるのですが、この2つのエリアは「5Gエリア」のように、年月が経つにつれ変動していくものです。

 

楽天モバイルが取り上げられるニュース記事でも「楽天回線エリア」「パートナー回線エリア」に関する記事は、特に2021年4月以降に目にする機会が増えてきました。

 

この「楽天回線エリア」「パートナー回線エリア」は「楽天モバイルのメリット・デメリット」に大きく関係してきますが、「Yahoo知恵袋」等でもよく質問されている内容です。今回はこういった現状を踏まえ、2021年2月に書いた記事の全内容を一新させ、特に「楽天回線エリア」「パートナー回線エリア」に関する記述内容の分量を増やすなどして、新たに記事を書き直しました。

 

楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT Ⅵの特徴をまとめると、次のようになります。

 

  • プランを選ぶ必要がない「ワンプラン」
  • 月のデータ通信量1GB以下なら0円
  • データ無制限利用でも3,278円(税込)
  • 国内通話かけ放題(Rakuten Link利用時)
  • キャリアメール提供予定(2021年年内)
  • 店舗受付可能

 

記事の前半である、第1章から第6章まではRakuten UN LIMIT Ⅵの特徴・メリットをお伝えし、記事の後半である第7章はRakuten UN LIMIT Ⅵの注意点・デメリットについて解説します。

 

楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT Ⅵを契約しようかどうか迷っている方のお役に立てられたらと思います。

 

※今回の記事は2021年10月1日現在において得られた情報を元に書かれています

※価格表記は全て税込となっています。

 

楽天モバイルのキャンペーン情報

楽天モバイルバナー

※プラン利用開始日から3カ月経過後の月末までが無料になるので、最大4ヶ月弱(月初/毎月2日〜3日の申し込みの場合)無料!

 

  • だれでも5,000円ポイント還元!
    (iPhoneなど、お持ちのスマホでもOK!)
  •  

  • SIMだけでものりかえなら
    15,000円ポイント還元!
  •  

  • 1ヶ月0円〜(1GBまで)利用可能!
  •  

    \iPhone本体代最大24回支払い不要/
    楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム

     

    楽天モバイル公式ページ バナー

     

    目次

    1. 『Rakuten UN-LIMIT Ⅵ』の特徴
    2. 店頭で契約できる?
    3. 国内通話かけ放題の条件
    4. テザリングも無制限?
    5. キャリアメールは使える?
    6. 何世代前のiPhoneまで使える?
    7. 楽天回線エリア、パートナー回線エリア
      楽天回線、パートナー回線
      楽天モバイルの電波の特徴
      アプリ上でエリアを確認する方法
      (現在の筆者の状況)
    8. 料金を安くできる第二候補は?
    9. 手数料などはかからないので試すのもあり
    10. クチコミ/ユーザーレビュー【メリット デメリット】
    11. Rakuten UN-LIMIT Ⅵのまとめ【メリット デメリット】

    ※楽天モバイルのキャンペーンについては、
    【まとめ&条件】楽天モバイル 主要キャンペーンにて解説しています。是非ともご覧ください。

    1.楽天モバイル 新料金プラン『Rakuten UN-LIMIT Ⅵ』の特徴

    特徴イメージ

    Rakuten UN-LIMIT Ⅵの料金プランは使用したデータ量によって決まる段階制の料金プランで、以下のようになります。

     

    • 1GB以下の場合0円
    • 1GB超え3GB以下の場合1,078円(税込)
    • 3GB超え20GB以下の場合2,178円(税込)
    • 20GBを超えた場合3,278円(税込)
    • (20GBを超えても、3,278円で(税込)でデータ利用は上限なしで利用可能)

     

    Rakuten UN-LIMIT 料金プラン図

    「データ通信をあまり使わない方でも無駄がない」と言われる所以は、この料金体系にあります。

     

    ほとんどデータ通信を使わない月だと、請求される料金は0円です。
    一方、スマホでゲームを利用したり、動画を視聴したりして、100GB、200GBデータを利用しても請求される料金は、3,278円(税込) だけです。

    イメージ02

    そして、通話料に関して詳しくは後述しますが、「Rakuten Link」という楽天モバイル専用の通話アプリを利用して、通話をすれば「別途通話料金がかかる」ということもありません。

     

    ただ、この「1GB以下0円」の料金は同一名義で1回線目のみの適用となります。2回線目からは一番安くて「0GB~3GB以下で1,078円(税込)」です。

     

    そして、「データ無制限で使える」という点についても、注意が必要なのですがこのデータ通信やエリアに関しては、7.楽天回線、パートナーエリア回線とは?楽天回線、パートナーエリア回線?で詳しくご説明します。

    2.店頭で契約できる?

    楽天モバイルショップ

    Rakuten UN-LIMIT Ⅵは全国の楽天モバイルショップで受付・申込が可能で、もし契約後に困ったことがあっても、楽天モバイルショップで対応可能です。

    全国の楽天モバイルショップ

    3.国内通話かけ放題の条件

    イメージ03

    国内通話かけ放題サービスを利用するためには、「Rakuten link アプリ」という楽天モバイル公式の通話アプリをスマホにインストールし、このアプリから通話をする必要があります。

     

    アプリですが、Rakuten Link アプリはデータ量を消費しません。
    ※ただし、データ量を消費しないのはあくまでも楽天モバイルのモバイルデータ通信をスマホ上で設定している場合のみであり、eSIM運用などで楽天モバイルの回線以外のモバイルデータ通信を使用した場合は、データ量を消費します。

     

    通話アプリといっても、発信時に何か特別の番号を入力して発信する必要はなく、相手の電話番号を入力すれば良いだけです。

    Rakuten Linkアプリ
     

    ただし電話番号が「0570」から始まる「ナビダイヤル」などは無料通話の対象外です。

    楽天モバイル公式HP Rakuten link よくある質問

     

    Rakuten link アプリに対応しているスマホは、楽天モバイル公式サイト Rakuten Link対応製品をご確認ください。

     

    \iPhone本体代最大24回支払い不要/
    楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム

     

    4.テザリングも無制限?

    イメージ04

    携帯電話会社・プランによっては、テザリングに関して、事前申込みが必要だったり、オプションとして追加料金が毎月かかったりします。

     

    あるいは「データ無制限プラン」と言いつつも、テザリングを利用したら、「上限〇〇GBまでは使えるがそれを超えると低速化が起きる」といった制約があるものもあります。

     

    しかし、Rakuten UN-LIMIT Ⅵに関しては、申込不要、オプション料金不要、テザリング利用時も上限なしとなっています。
    ※ただし、「テザリング上限なし」に関してですが、楽天モバイルの「楽天回線エリア内」での利用に限ります。こちらに関しても、7.パートナー回線エリアとは?で詳しくご説明いたします。

     

    楽天iPhone13 24回無料出典:楽天モバイル

     

    5.キャリアメールは使える?

    Rakuten UN-LIMIT Ⅵキャリアメール対応

    楽天モバイル公式ホームページによると、「2021年内に提供予定」とあります。

    Rakuten UN-LIMIT Ⅵ 詳細

    画像引用元:楽天モバイル公式サイト

    6.何世代前のiPhoneまで使える?

    アイフォーン&SIM

    「持っているiPhoneは.そのままで楽天モバイル(SIMカードだけ)を契約したい」という方も多いでしょう。

     

    楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT Ⅵに対応しているiPhoneは、iOSバージョン14.4以降を搭載し、キャリア設定アップデートが完了したiPhone6SからiPhone13シリーズまでのiPhoneとなります。

     

    2015年発売
    iPhone6S/iPhone6S Plus

    2016年発売
    iPhone7/iPhone7 Plus
    iPhoneSE(第一世代)

    2017年発売
    iPhone8/iPhone8 Plus
    iPhoneX

    2018年発売
    iPhone XR/iPhone XS/iPhone XS MAX

    2019年発売
    iPhone 11/iPhone 11 Pro
    iPhone 11 Pro MAX

    2020年発売
    iPhone SE(第2世代)
    iPhone 12
    iPhone 12 mini
    iPhone 12 Pro
    iPhone 12 Pro Max

    2021年発売
    iPhone 13
    iPhone 13 mini
    iPhone 13 Pro
    iPhone 13 Pro Max

     

    「SIMカード契約のiPhoneについてもう少し詳しく知りたい」という方は、楽天モバイル公式HPの楽天モバイル公式HP 楽天モバイルでiPhoneを使うをご確認下さい。

     

    またご自身が使っているスマホがRakuten UN-LIMIT Ⅵ及び、Rakuten linkに対応していることがわかったら、楽天モバイルを契約する前にお持ちのスマホを「SIMロック解除」することを忘れないようにしましょう。

     

    SIMロック解除については、SIMロック解除とは?〜携帯ショップスタッフが解説します〜をご確認ください。

     

    取扱いが開始したiPhoneは、

    1. iPhone 13 Pro Max
      (128GB|256GB|512GB|1TB)
    2. iPhone 13 Pro
      (128GB|256GB|512GB|1TB)
    3. iPhone 13
      (128GB|256GB|512GB)
    4. iPhone 13 mini
      (128GB|256GB|512GB)
    5. iPhone 12 Pro Max
      (128GB|256GB|512GB)
    6. iPhone 12 Pro
      (128GB|256GB|512GB)
    7. iPhone 12
      (64GB|128GB|256GB)
    8. iPhone 12 mini
      (64GB|128GB|256GB)
    9. iPhone SE(第2世代)
      (64GB|128GB|256GB)

    となります。

    楽天モバイル公式HP iPhone一覧

     

    Androidに関しては、楽天モバイル公式HPの楽天回線対応製品のページをご確認下さい。

     

    7.楽天回線エリア、
       パートナー回線エリアとは?

    イメージ05

    ここまでは、Rakuten UN LIMIT Ⅵの特徴やメリットについて解説してきましたが、ここからはRakuten UN LIMIT Ⅵの注意点やデメリットについて解説していきます。

     

    楽天回線エリア・パートナー回線エリア

    ドコモを契約した場合、スマホで通話をしたり、インターネットをしたりする時のスマホはドコモの基地局から発信された電波を受信する、ということはイメージできるかと思います。

     

    ドコモ(ahamo)だけでなく、au(povo)、ソフトバンク(LINEMO)、ワイモバイル、UQ モバイルも同じように、自社の設備のみを使ってサービス展開をしています。

     

    しかし、「第四のキャリア」と呼ばれる楽天モバイルはそうではありません。

     

    2018年、総務省から携帯電話事業への参入を認められた楽天モバイルは、携帯電話の電波を発信・受信する基地局の設置を急ピッチで進めてきました。

     

    しかし、基地局を全国展開するには、長い年月がかかります。
    楽天モバイルが基地局を設置していないエリアでも、携帯電話がつながるようにするためには他の携帯電話事業者が設置した基地局を借りる(ローミングする)しかありません。

    Rakuten UN-LIMIT Ⅵ基地局増設

    そこで、楽天モバイルが基地局を借りてサービス展開していくパートナーとして選んだのは、au(KDDI)です。

     

    楽天モバイルが自前で設置した基地局を介して、スマホとの電波のやりとりをするエリアが「楽天回線エリア」と呼ばれています。

     

    一方、auの基地局を介して、スマホとの電波のやりとりをするエリアが「パートナー回線エリア」と呼ばれています。

     

    パートナー回線エリアはauの設備を「借りて」、楽天モバイルのサービス展開をしているエリアなので、借りるためのお金、いわゆる「ローミング費用」がかかってしまうことが楽天モバイルにとって難点です。

     

    (少し資料は古いですが)2019年の「IT media」さんの楽天MNOからKDDIに1GB500円のローミング料金――早急な全国ネットワーク展開なければ莫大な赤字発生かの記事にも書かれていますが、楽天モバイルがauからローミングする際は、「日本全国のパートナー回線エリア」で使われたデータ量に応じてローミング費用が発生します。

    楽天モバイルローミング費用

    楽天モバイルとしては、少しでもローミング費用を抑えたいと考えるのが自然です。だからと言って、ローミング費用を賄うために、パートナー回線エリアで回線を使っているユーザーの料金を上げるわけにはいきません。(楽天回線エリア、パートナー回線エリアの料金は同じです)

     

    そこで、楽天モバイルがとった方法は、それぞれの回線エリアで(通信速度制限なく)データ通信できる量に差をつけたことでした。

     

    第1章で触れましたが、データ量無制限で使えるのは、楽天モバイル自前の基地局のサービスエリアである楽天回線エリアのみとなります。

     

    パートナー回線エリアでは、一ヶ月に利用できるデータ容量は「5GB」が上限です。5GBに達するとパートナー回線エリア下では通信速度が最大で1Mbpsまで低下してしまいます。

     

    「だったら楽天モバイルを契約する前に、自分が住んでいる地域が楽天回線エリア、パートナー回線エリアどちらなのか調べれば良いのでは?」と思われる方も多いかもしれません。

     

    確かに、エリアは楽天モバイル公式サイト エリア確認にて確認することができます。

     

    しかし、実際はこのエリアの通りにはなりません。筆者の場合もそうでした。

    my楽天モバイル

    こちらの画像は2021年4月の筆者の「my楽天モバイル(楽天モバイルユーザーのユーザページ)」です。2021年4月当時では、筆者が住んでいる地域は楽天回線エリアに入っていましたが、「0.1GB」パートナー回線エリアのデータを使用している、つまりパートナー回線エリアの電波も使っていたということになります。

     

    何故、このようなことが起きたのか?

     

    それを説明するためには、楽天モバイルが使用している電波について解説する必要があります。

     

    楽天モバイルの電波の特徴

    携帯電話に利用される電波の周波数は総務省からドコモなどの通信会社へ定期的に割り当てられます。

     

    割り当てられる電波の周波数の種類が多ければ多いほど、通信は安定します。

    4キャリアの周波数

    画像引用元:総務省 楽天モバイル株式会社提出資料(5ページ目)

    こちらの図は2021年4月に楽天モバイルが総務省に提出した資料から抜粋したものになりますが、楽天モバイルに割り当てられている周波数の種類はドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクよりも少ないことにお気づきになるかと思います。

     

    また、技術的な話は省きますが、低い周波数の電波ほど、壁などの障害物を回り込むことが得意な性質を持ち、700MB~900MBの周波数は「プラチナバンド」と呼ばれています。

     

    このプラチナバンドに関しても、楽天モバイルのみ割り当てられていません。(2021年10月現在)

     

    故に、楽天モバイルの電波は建物の中、室内には届きにくいため「建物内や地下ではつながらない時がある」と言われるのです。

     

    ※パートナー回線エリアであるauの電波の周波数はつながりやすいプラチナバンドの800MHzです。

    楽天モバイル公式HP 周波数帯について

     

    アプリ上でエリアを確認する方法
    (現在の筆者の状況)

    ローミング費用を抑えるため、楽天モバイルはパートナー回線エリアの縮小をしつつ、楽天回線の基地局を急ピッチで進めています。

    KDDIプレスリリース 楽天モバイル株式会社サービスへのローミング提供について

     

    楽天モバイル契約後に、「実際に自分のスマホが楽天回線エリア、パートナー回線エリアどちらに接続しているか?」これをリアルタイムで確かめるにはmy楽天モバイルというアプリを使います。

    my楽天モバイル

     

    楽天回線につながっていれば、アプリ上には
    「楽天回線エリア接続中」という表示がされます。この画像は2021年9月9日段階での筆者のmy 楽天モバイルのスクリーンショットですが、9日間経過した段階で、パートナーエリアで消費したデータ量は、0.01GBでした。(9月において、9月9日時点では筆者は楽天モバイルが公表しているエリアマップの楽天回線エリアから出てはいません)

     

    どこで楽天モバイルを利用するか?にもよるかと思いますが、2021年9月の段階でも、筆者のスマホは楽天回線エリア内でパートナー回線エリアにつながっていると言えます。

    イメージ06

    記事冒頭で

    「契約して1~2ヶ月は電波の繋がりは良かったのに、3月頃になるとつながりにくくなったな、と思う日もありました」

    と書きましたが、これは筆者の生活圏において、パートナー回線エリアの電波は届かなくなったが、楽天回線の基地局整備が追いつかなくなったため、圏外になるケースが増えた。

     

    ということが理由だったのかもしれません。

     

    ただ、2021年10月現在においては、電波がつながりにくかった3月に比べるとつながり具合や、通信速度は改善したように感じています。

     

    楽天アイフォン13 24回無料キャンペーン
    出典:楽天モバイル

     

     

    8.料金を安くできる第二候補は?

    第二候補イメージ

    楽天モバイルほど毎月の料金は安くなりませんが、「圏外になったり、通話ができなくなったりすると困る」という方は、ワイモバイルやUQモバイルにするという選択肢もあります。

     

    ワイモバイルはソフトバンクの、UQモバイルはauの「サブブランド」と呼ばれているため、電波の質も良く、筆者も楽天モバイルに乗り換える前は、ワイモバイルを2年程使っていましたが、圏外になることはありませんでした。

     

    データ通信量別の月額料金は、それぞれ

    ワイモバイル

    1. 3GB・・・2,178円(税込)
    2. 15GB・・・3,278円(税込)
    3. 25GB・・・4,178円(税込)

     

    UQモバイル

    1. 3GB・・・1,628円(税込)
    2. 15GB・・・2,728円(税込)
    3. 25GB・・・3,828円(税込)

    となっています。

     

    楽天モバイルと違い、通話料は別途かかったり、無制限でデータ使い放題というわけでありませんが、「安さと通信品質」の両方を重視する方は、ワイモバイル、UQモバイルもおすすめです。

     


    \オンラインストア限定商品・特典満載/
    UQモバイル公式HP
    ・【オンラインショップ限定!】
    SIMのみご購入で3,000円~最大10,000円キャッシュバック!こちら
    ※新規/MNPのお客様
    ・ひとりでもずっとおトク!
    1ヶ月税込1,628円〜(3GBまで)利用可能!
    ・【iPhoneもお得に購入!】
    auが認定した、高品質なリユーススマートフォン「au Certified」はこちら
    ※UQモバイルはauのサブブランドで、UQモバイルは、auの親会社であるKDDIの傘下グループです。

     

    9.手数料などはかからないので
       試すのもあり

    イメージ07

    以上、Rakuten UN-LIMIT Ⅵの特徴、注意点についてご説明してきました。

     

    「どれだけ、データを使っても3,278(税込)」「使わなければ0円」「国内通話無料」「ショップでの対応あり」といったように、サービス内容をみるととても、魅力的な携帯電話会社と言えるでしょう。

     

    ただ、「どうしても電波が気になる」という方は、今実施されている、「Rakuten UN-LIMIT プラン料金3ヶ月間無料キャンペーン」を利用して、楽天モバイルを「試してみる」のはいかがでしょうか?

    フリーイメージ08

     

    さらに楽天モバイルの契約特典は、これだけでなく

    • 新規事務契約手数料
    • MNP転出手数料
    • 契約解除料

    などの各種手数料も無料となっており、「楽天モバイルを試しに使ってみる」には良いタイミングだと思います。

    楽天モバイル ZERO宣言

     

    ヤフー知恵袋にも

    「使用データ量は、平均~1GB。ほとんどパートナー回線エリアでの使用予定。使ってみて不満があれば解約を考えているが、半年程度で解約すると解約手数料等を支払わないと辞められないか?」

    といった質問もあるぐらいですので、特にパートナー回線エリアにお住まいの方は「お試し感覚で」楽天モバイルを試してみるのも良いかもしれません。

    Yahoo!知恵袋 楽天モバイル パートナー回線エリアの電波について

     

    楽天モバイルキャンペーンサイト

    10.クチコミ/ユーザーレビュー【メリット&デメリット】

    お試しで、サブ機には最適のようです。試しに3ヶ月間無料で実際に試すことができるのはメリットですね!

    栃木と東京はわりと問題なく使えるようで、地下は弱い模様です。。(地上野外◎、建物内、地下は△ですかね。)

    通話品質には今後期待⁉︎(デメリット?)

    サービス圏内でも圏外になることがあるので、注意が必要ですね。(デメリット)

    メリットはランコス、デメリットは20GB以内なら楽天以外を選ぶのがベストですかね。

    これはリアルですね。今月(2021年10月)でauのパートナーエリアが終了したこともデメリットになりますのでご注意を。

    11.Rakuten UN-LIMIT Ⅵのまとめ【メリットとデメリット】

    楽天モバイル メリット

     

    ■Rakuten UN-LIMIT Ⅵの特徴【メリット】

    • データ無制限で使える
    • データどれだけ使っても3,278円(税込)
    • データ使わなければ0円
    • 料金はデータ利用量の段階制
    • テザリング無料
    • 国内通話は無料(アプリ利用時)
    • 店頭受付可能
    • ネットワークは4G/5G対応
    • 基本料金3ヶ月間無料(キャンペーン中)
    • 契約期間の縛りなし
    • 事務手数料なし

    楽天モバイル デメリット

     

    ■Rakuten UN-LIMIT Ⅵの注意点【デメリット】

    • エリアが大手3キャリアに比べて狭い
    • データが使い放題となるは楽天エリアのみ
    • 圏外になる時がある
    • 屋内に弱い(特にビル内)
    • キャリアメールが使えない

    手持ちのiPhoneやiPadは使える?使えない?乗り換えをご検討中のiOSユーザーの方はこちらの公式ページの『楽天モバイル(楽天回線)でiPhoneを使う』内『楽天モバイルでiPhoneを使うまでの4つのステップ』をご確認ください。

     

     

    PROFILE

    筆者

    吉田 裕紀

    Yuki Yoshida

    長野県出身。2009年「株式会社ディ・ポップス」に入社。NTTドコモ、au、ソフトバンクなど様々な通信キャリアを取り扱う携帯ショップ「TOP1」やワイモバイルショップにて11年間携帯電話の販売に従事。
    現在はコンテンツマーケティング部署に所属。現場の経験を活かし、「携帯電話料金プランについてわかりやすい記事を書き、わかりやすく情報を発信する」をモットーに、日々売り場からの声や、最新の携帯電話に関する情報を収集し、記事の執筆にあたっている。

     

    スポンサーリンク


    \iPhone本体代最大24回支払い不要/
    楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラムはこちら

     



     

    こちらもおすすめ!

    IIJmioのeSIMと楽天モバイル使ってみた

    合わせて読みたい

    IIJmioのeSIMと楽天モバイル使ってみた(iPhone SE(第2世代))

    eSIMで、試しに楽天モバイルを使うための手順

    合わせて読みたい

    eSIMで、試しに楽天モバイルを使うための手順

    楽天モバイル1ヶ月使ってみた

    合わせて読みたい

    楽天モバイル1ヶ月使ってみた

     

    PAGE TOP