D-POPS

【2022年4月更新】ワイモバイル のキャンペーンまとめ

【2022年4月更新】ワイモバイル のキャンペーンまとめ

Webでワイモバイルを契約した時のキャンペーンは、

・端末割引
・普通為替
・PayPay還元

この3つに分かれます。

 

ネットでワイモバイルを契約した場合は、事務手数料免除の他にもいろんな特典があります。

 

この記事では、具体的に、

・iPhoneなど人気機種の割引額

・SIMのみ契約の時のPayPay還元額

・1円端末

・機種変更の場合

・ソフトバンクからの乗り換えの時

これらについて、他社から乗り換え、新規、機種変更ごとにまとめています。

 

※記事の内容は2022年4月5日現在の情報です。

※記事内の料金表記、価格表記は全て税込みです。

※契約するプランによって割引額、還元額は変わってきます。ワイモバイルのスマホプランは「シンプルS/M/L」から選択しますが、「シンプルM/L」の特典内容は「シンプルS」よりも充実していることが一般的です。

※ワイモバイルオンラインストアには
ソフトバンクが直接運営している「ワイモバイル公式オンラインストア」とソフトバンクのグループ会社であるヤフー株式会社が運営している「ワイモバイルオンラインストアヤフー店」の2つがあります。
両サイトのキャンペーンは、時期や機種によって特典内容が変わってきます。本記事では両サイトの情報を比較して記事にしています。

目次

  1. 「新どこでももらえる特典」にエントリー
  2. 【乗り換え】ワイモバイルキャンペーン
    ∟iPhone:最大21,600円割引
    ∟SIMのみ:最大12,000円分普通為替
    ∟Android:1円端末
  3. 【新規】ワイモバイルキャンペーン
    ∟iPhone:最大16,200円割引
    ∟SIMのみ:最大7,000円PayPay還元
    ∟Android:9,800円端末
  4. 【その他】
    ∟1年間毎月データ増量(2GB~)
    ∟下取り、PayPayで返ってくる
    ∟60歳以上通話割引
    ∟ワイモバ親子割
    ∟タイムセールの内容
  5. 機種変更でも、割引はある
  6. ソフトバンクからの転入の場合

1.「新どこでももらえる特典」
    にエントリー

ワイモバイルオンラインストアヤフー店

画像引用元:ワイモバイルオンラインストアヤフー店公式サイト

「新どこでももらえる特典」とはソフトバンクのグループ会社であるヤフー株式会社が運営している「ワイモバイルオンラインストアヤフー店」 のキャンペーンで、事前エントリーをし、ワイモバイルを契約することでPayPayポイントが還元されます。

新どこでももらえる特典

新どこでももらえる特典

画像引用元:ワイモバイルオンラインストアヤフー店公式サイト

 

還元されるPayPayポイントはその都度変わりますが、シンプルSで500円相当、シンプルM/Lで3,000円相当のPayPayポイントが還元され、この還元額は「新規」「乗り換え」「番号移行(ソフトバンクからの乗り換え)」「ワイモバイルの旧プランからシンプルS/M/Lへの変更」同一です(2022年4月5日現在)。

 

ワイモバイルを契約する前に、Yahoo! JAPAN IDでの事前エントリーこそ必要ですが(ワイモバイル契約前の1ヶ月前にYahoo! JAPAN IDでの事前エントリーが必要)実際にワイモバイルを契約する場所はワイモバイルオンラインストアヤフー店である、必要はなく、ワイモバイル公式オンラインストアでも、ワイモバイルショップのような実店舗でもかまいません。

 

新どこでももらえる特典はワイモバイルの他のキャンペーンと原則併用可能なので、この記事では「事前にエントリーしているもの」として扱い、記事の中には含めていません。

2.【のりかえ】
    ワイモバイルキャンペーン

iPhone:最大21,600円割引

ワイモバイル公式オンラインストア、ワイモバイルオンラインストアヤフー店、両店でメインに販売されているiPhoneはiPhone SE(第3世代)とiPhone 12です。のりかえの場合、この2つのiPhoneの本体価格、割引額は同額です(2022年4月5日現在)。

ワイモバイル キャンペーン

ワイモバイル キャンペーン

 

シンプルM/Lの方がシンプルSよりも割引額は大きいです。

 

ワイモバイル公式オンラインストア、ワイモバイルオンラインストアヤフー店の公式ホームページ上には、ホームワイモバイルには、iPhone&12 mini、iPhone SE(第2世代)なども載っていますが、筆者が確認したときはもうほとんど在庫がないようでした。

 

SIMのみ:最大12,000円分普通為替

ワイモバイル キャンペーン SIMカード

画像引用元:ワイモバイル公式オンラインストアHP

下図はSIMのみ契約で他社からワイモバイルに乗り換えた場合の還元額の比較表ですが、ワイモバイル公式オンラインストアの方が、ワイモバイルオンラインストアヤフー店よりも還元額が大きいです(2022年4月5日現在)。

SIMカード

還元額もそうですが、ワイモバイル公式オンラインストアの場合は申し込みから4ヶ月後に「普通為替」が送られてくる一方、ヤフー店では申し込み日の翌々月の月末にPayPayで還元されるといった違いがあります。

 

添付画像の「最大12,000円分普通為替」ですが、これは①ワイモバイル公式オンラインストア②タイムセール③のりかえ④Lプランこの4つの条件を満たした場合のキャンペーン内容ですが、タイムセール(毎日21時開催)の内容もその都度変わるので、チェックしておきましょう。

 

タイムセールについていは、タイムセールの内容もご確認ください。

 

Android:1円端末

本体価格21,960円(税込)、ZTE製の「Libero 5G II」はシンプルM/Lで契約すると、割引され「1円」で購入可能です(シンプルSの場合、本体価格3,600円(税込))。この機種の条件はワイモバイル公式オンラインストアでも、ヤフー店でも同じです。

 

ヤフー店では、この機種とは別にシャープ製の「AQUOS wish」も、シンプルM/L以上で1円で購入することが可能です(2022年4月5日現在)。

ワイモバイル キャンペーン 

画像引用元:ワイモバイルオンラインストアヤフー店公式サイト

3.【新規】
    ワイモバイルキャンペーン

iPhone:最大16,200円割引

新規でiPhoneを購入する場合は、時期によってはワイモバイルオンラインストアヤフー店の方がお得です。下図はiPhone (第3世代)、iPhone 12を「新規」で契約したときの本体価格と割引額を両サイトわけて載せたものです。

ワイモバイル キャンペーン 

ワイモバイル キャンペーン 

ワイモバイル キャンペーン 

ワイモバイル キャンペーン 

 

iPhone SE(第3世代)、iPhone12だと、各プラン3,600円(税込)ワイモバイルオンラインストアヤフー店の方が割引額が大きくなっています(iPhone 12 mini、iPhone SE(第2世代)に関しては在庫自体が筆者が確認した2022年4月4日時点で、ヤフー店にはないようでした)。

 

SIMのみ:
最大7,000円相当PayPay還元

ワイモバイル キャンペーン 

新規でSIMのみ契約をする場合、ワイモバイル公式オンラインストアでも、ワイモバイルオンラインストアヤフー店でも、還元額はほとんど同じです。ただ、シンプルLで契約する場合は2,000円相当分、ワイモバイルオンラインストアヤフー店の方が特典が良くなっています(2022年4月5日現在)。

 

Android:9,800円端末

ワイモバイル キャンペーン 

画像引用元:ワイモバイル公式オンラインストア

いわゆる「新規一括0円(1円)」のAndroid機種ですが、2022年4月4日時点では、ワイモバイル公式オンラインストア、ワイモバイルオンラインストアヤフー店ともにみられませんでした(家電量販店やワイモバイルショップなどの実店舗にはそういったキャンペーンがあるかもしれません)。

 

筆者が調べた限りでは、本体価格21,960円(税込)、ZTE製の「Libero 5G II」がシンプルM/L契約で「9,800円(税込)」という条件が最安値でした(ワイモバイルオンラインストアヤフー店には、同条件で「AQUOS wish」も契約可能でした)。

4.【その他】

1.1年間毎月データ増量(2GB~)

ワイモバイルのシンプルS/M/Lのデータ量は3GB/15GB/25GBですが、月額550円(税込)のデータ増量オプションをつけると、毎月使えるデータ量が増量されます。

 

増量されるデータ量はシンプルSで2GB分、シンプルM/Lで5GB分増量されるので、毎月使えるデータ量はシンプルSで5GB、シンプルMで20GB、シンプルLで30GBということになります。

ワイモバイル データ増量

月額550円(税込)かかるこのオプションですが、初めてデータ増量オプションを申し込むと1年間無料になるキャンペーンが実施中です。つまり、シンプルS(2,178円)で5GB,シンプルM(3,278円)で20GB、シンプルL(4,158円)で30GB、1年間毎月使うことができるということです。

ワイモバイル データ増量

ワイモバイルは余ったデータ量を翌月までくりこすことができるので、このデータ増量とくりこしを使えば、通信速度制限に悩まされることはなくなるかもしれません。

ワイモバイル公式HP データ増量無料キャンペーン2

 

2.下取り、PayPayで返ってくる

使っていないスマホ、家に眠っていませんか?

ワイモバイル  下取り

筆者の場合、使っていないiPhone SE(第2世代)が家に眠っていますが、例えばこれをワイモバイルの下取りに出した場合(他社からのりかえ)、10,800円相当の端末代金値引きか、12,000円相当のPayPayポイント還元を受けることができます(2022年4月5日現在)。

ワイモバイル  下取り

画像引用元:ワイモバイル公式オンラインストア

大変便利な下取りですが、注意点がいくつかあります。

下取りの注意点

①本体が破損していると減額

②減額時でも、キャンセル不可

③電源が入らないと下取り自体不可

④端末代金値引きは実店舗購入のみ

⑤旧字体の人は店舗受付のみ

⑥顔写真付きの本人確認書を
   持っていない人は店舗受付のみ

破損の具体例としては、ガラス部分や筐体にヒビ割れ、液晶の表示不具合、変形などがあります。

 

破損時は下取り額は減額されますが、減額されたとしても下取りのキャンセルは不可、スマホ端末も返還されません。電源がつかない場合は下取り自体不可です。

ワイモバイル 下取り

下取りでの還元方法はPayPay還元か、端末代金値引きの2つがありますが、端末代金値引きはワイモバイルショップなどの実店舗に限り、オンライン契約では選択することができません。

 

⑤⑥は古物営業法に基づく本人確認で、下取り端末を郵送する端末送付キット受け取り時に関係してきます。

 

旧字体の漢字が本人確認書に載っている場合、顔写真がついていない本人確認書の場合だと、古物営業法に基づく本人確認ができないため、店頭での下取りに限定されます。

ワイモバイル公式HP 下取りプログラム

ワイモバイルオンラインストア公式HP 旧漢字一覧

 

3.60歳以上通話割引

ワイモバイルの国内通話24時間かけ放題「スーパーだれとでも定額(S)」の月額料金は1,870円(税込)。

 

ですが、60歳以上の方が契約者(利用者)だと、
月額770円(税込)まで料金が下がります。

 

この「60歳以上通話ずーっと割引キャンペーン」は60歳以上の方で、シンプルS/M/Lを契約し、スーパーだれとでも定額(S)を契約しつづけている限りは、永年続きます。利用する機種の指定もありません。

ワイモバイル公式HP
60歳以上通話ずーっと割引キャンペーン

 

4.ワイモバ親子割

最大13ヶ月間、シンプルM以上のプランで1,100円(税込)割引が受けられる「ワイモバ親子割」。2022年5月31日まで実施中ですが、その中身を見ていきましょう。

使用者対象年齢5〜18歳
幼稚園児

ご家庭に5歳から18歳のお子さんがいれば、親子割を組むことができます。この際、契約者を保護者の方にし、「利用者」を5歳から18歳のお子さんにします。契約時のお子さんの年齢が18歳以下であればかまいませんので、契約後にお子さんの年齢が18歳を超えても問題ありません。

 

ワイモバ親子割の受付期間中に、ワイモバ親子割適用中の契約と、同一グループの家族割引グループに加入すれば、加入した契約も「ワイモバイル親子割(家族)」として、キャンペーンを受けることができます。

 

なお「親子割」と名前がついていますが、必ずしも親子で申し込む必要はありません。

 

シンプルM/Lで1,100円割引

ワイモバ親子割

ワイモバ親子割を適用させると、シンプルS以外のシンプルM/Lに対して最大13ヶ月にわたって毎月1,100円(税込)の割引を受けることができます。

 

最大13ヶ月となるのは、契約当月から親子割が適用される「新規」「のりかえ」「番号移行(ソフトバンクからののりかえ)」の場合です。

 

家族割引等とも併用可能

ワイモバ親子割 家族割引併用

さらに、ワイモバ親子割は家族割引またはおうち割光セット(A)とも併用させることができます(図はシンプルSを家族割引の主回線としています)。

 

5.タイムセールの内容

ワイモバイル キャンペーン タイムセール

画像引用元:ワイモバイル公式オンラインストア

ワイモバイルのタイムセールはワイモバイル公式オンラインサイトにて、21時〜9時の間に開催されます。「タイムセール」と名前がついているので、セールの内容は日によって変わりますが、SIMのみ契約のPayPay還元に関するものが多いようです。

 

システムメンテナンス中を除けば、24時間ワイモバイル公式オンラインサイトにて申し込み手続きすることができますが、Web上で手続きが完了する「eSIM」で申し込みをした時は、開通時間に注意してください。

 

例えば23時にタイムセールにて契約手続きが完了しても、ワイモバイルのeSIMの開通時間は9:00~20:30までと決まっているので、タイムセール中に契約手続きが完了しても、eSIM開通手続きは、朝にならないとできません。

ワイモバイル公式HP タイムセール

ワイモバイル公式HP
esim初期設定マニュアル(3ページ)

5.機種変更でも、割引はある

ワイモバイル公式オンラインストア、ワイモバイルオンラインストアヤフー店でも、「のりかえ」「新規」ほどではありませんが、端末割引のキャンペーンはあります。

 

2022年4月5日時点の情報ですが、両サイトで扱われているスマホのうち6機種をとりあげ「機種変更」における割引額を調べてみました。取り扱ったiPhoneはiPhone SE(第3世代)とiPhone 12でこの2機種については、両サイトで販売価格、割引に差はありませんでした。

 

Androidに関しては、ワイモバイルオンラインストアヤフー店の方が、概ね3,600円(税込)割引額が大きかったです。ちなみに機種変更の場合は、プランの違いによる割引額の違いはありません。

 

ワイモバイル公式オンラインストア、ワイモバイルオンラインストアヤフー店、どちらで機種変更をするにせよ、本体価格から7,200円(税込)割引、事務手数料3,300円(税込)免除が受けられるので、普通に実店舗で機種変更するよりも10,500円(税込)は安く機種変更できます(実店舗でも値引きをしている店舗もあります)。

 

6.ソフトバンクからの転入の場合

「新どこでももらえる特典」にエントリー【その他】の章で取り上げたものなどを除けば、端末代金が割引かれるようなキャンペーンはソフトバンク(LINEMO、LINEモバイルなども)からののりかえ時には適用されません。

 

「家の通信はソフトバンク光とセットにしていない」「家族がワイモバイルを使っていない」という状況であれば、無理にワイモバイルにのりかえずとも、ワイモバイルとよく比較されるUQモバイルにのりかえても良いでしょう。

 

以上ワイモバイルのキャンペーンについてまとめました。ワイモバイルをWebで契約しようとされている方、他社からののりかえ、SIMのみの内容になりますが、オンライン契約の流れについての記事もありますので、こちらもご参考にしてみてください。

 

ワイモバイル キャンペーン
PAGE TOP