D-POPS

「いくらで持てる?」ワイモバイルのiPhone12に乗り換えた場合

「いくらで持てる?」ワイモバイルのiPhone12に乗り換えた場合

今回の記事は次の様な方々を読者の対象にしています。

  • ワイモバイルに乗り換えを検討している方
  • iPhone12を検討している方
  • どこで契約するか迷っている方(Web,店頭)
  • ワイモバイルの料金プランも知りたい方
  • ドコモ等と比べた時の違いを知りたい方

 

記事は以下の4つのテーマで構成され、この流れで進んでいきます。

 

「ワイモバイルで扱っているiPhone12の種類」
                              
「3つある購入方法と本体価格・特典」
                              
「基本料金、本体価格を含めた見積もり」
                              
「ワイモバイルとドコモ、au等の違いQ&A」

 

では、一つずつ順に見ていきましょう。

目次

  1. ワイモバイルで扱っているiPhone12シリーズ
  2. 本体価格比較|どこで契約するか?
    ∟Apple Storeと
    ワイモバイルオンラインストアの比較

    ∟ワイモバイルオンラインストアと
    |ワイモバイルショップの比較
  3. 基本料金、本体価格を含めた見積もり
  4. ワイモバイルQ&A
    ・5G対応か?
    ・端末返却、代金免除の様なものはあるか?
    ・家族間通話は無料か?
    ・データ繰り越しできるか?
    ・2年契約か?
    ・ワイモバイルは格安SIMなのか?
    ・何かデメリットは無いのか?

1.ワイモバイルで扱っているiPhone12シリーズ

ワイモバイル iPhone12
 

ワイモバイルで扱っているiPhone12シリーズは「iPhone 12とiPhone 12 miniの2機種です。

 

※「iPhone 12 Pro Maxや、iPhone 12 Proでワイモバイルを使いたい」という方は、Apple StoreでiPhoneと一緒にワイモバイルのSIMカードを契約するか、iPhone本体だけ購入し、SIMカードだけワイモバイルオンラインストアやワイモバイルショップで契約するという形になります。

ワイモバイル公式HP iPhone

 

iPhone 12とiPhone 12 miniの両者のスペック面の違いについて見ていきます。

 

●共通点

ワイモバイル iPhone 12 iPhone 12 mini

iPhone 12とiPhone 12 mini共に5G対応、認証方式は、顔認証である「Face ID」、カメラレンズは広角カメラと超広角カメラのデュアルレンズで、暗い場所でも綺麗な写真が撮影できるナイトモードが使えます。

 

チップ(CPU)もApple製で最新の A14 Bionicを搭載。高速処理だけでなく、バッテリーの省エネ化も図られています。

 

Apple Payも使え、SuicaやPASMOにも対応しており、大変便利です。

 

容量は64GB、128GB、256GBの3種類から選べます。ちなみに弊社が運営している携帯ショップTOP1での売れ筋は128GBとなっていますが、やはり真ん中の容量を選ぶ方が多いのかもしれません。

 

●相違点

次にiPhone 12とiPhone 12 miniの相違点についてです。主な違いは(価格以外)で4点あります。

ワイモバイル iPhone 12 iPhone 12 mini

Apple公式のiPhoneページには、バッテリー容量に関して明確に「〜mAh」という表記はありませんでしたが、 iPhone 12の方が本体サイズが大きい関係上、バッテリーの持ちは良いようです。

 

iPhone 12とiPhone 12 miniの性能の詳細は、Apple公式サイト iPhoneを比較するをご確認ください。

2.本体価格比較|どこで契約するか?

ワイモバイル iPhone 12 iPhone 12 mini

「どこで契約するか?」によって、iPhone 12とiPhone 12 miniの本体価格、特典、月額料金、分割回数などが変わってきます。

 

この章では、

  1. Apple Store
  2. ワイモバイルオンラインストア
  3. ワイモバイルショップなど

この3つのパターンについての特徴、メリットデメリットについてまとめました。

 

結論から先にお伝えしますが、本体価格の定価は、Apple Storeが一番安くなっています。

 

なお本体価格の比較をしやすくするため、ワイモバイルオンラインストアを基準に、

 

Apple Storeと

ワイモバイルオンラインストア比較

 

ワイモバイルオンラインストアと

ワイモバイルショップ比較

 

という様に、2つの図を用いて、本体価格の解説を図式化しています。
(2021年7月2日現在)

 

注意点として、Apple Storeとワイモバイルオンラインストアで受けられる特典の一部は、「ワイモバイルに乗り換えを検討している方」あるいは「ワイモバイルの新規契約を検討している方」になりますので、既にワイモバイルをお使いの方、あるいはのりかえでもソフトバンクからの乗り換えを検討している方に関しては、必ずしも特典が受けられるとは言えませんので、ご注意下さい。

 

ただし、Apple Storeでの本体価格に関しては、ソフトバンクからの乗り換え、ソフトバンク以外からの乗り換え、機種変更の場合問わず、価格は統一となっています

Apple Store
ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイル iPhone12 Apple Storeとワイモバイルオンラインストア比較

 

一般的にApple StoreのiPhoneの価格は、ワイモバイルショップ、ドコモショップ、街の携帯ショップや、あるいは、各携帯電話会社のオンラインストアよりも、販売価格が抑えられています。

 

しかし2021年7月2日現在、ワイモバイルオンラインストアにて、他社からのりかえまたは、新規でiPhone 12や、iPhone 12 miniを契約した場合は、ワイモバイル公式の本体価格から18,000円(税込み)の割引を受けることができるため、Apple Storeで購入した場合よりも、概ね本体価格が安くなります。

ワイモバイル オンラインストア

ただし、Apple Storeでも、iPhone本体の購入だけでなく、ワイモバイルの契約ができるのですが、条件を満たせば、Apple Store限定の「ワイモバイルSIMスターターキットキャンペーン」を受けることができます。(終了日未定)

 

ワイモバイルの毎月の料金をクレジットカードにすることが必須ですが、ワイモバイルの料金プランのうち、シンプルM/Lを契約すると、7,000円のキャッシュバック、シンプルSにすると、3,000円のキャッシュバックが受けられます。
(新規契約の場合、シンプルSにするとキャッシュバックは適用されません)

 

さらに、このキャンペーンを適用させることにより、ワイモバイルオンラインストア同様、新規契約事務手数料も無料になります。

Apple公式サイト iPhone購入ページ

Apple公式サイト ワイモバイルSIMスターターキット

ワイモバイル公式HP オンラインストア

 

ワイモバイルオンラインストア
ワイモバイルショップ

ワイモバイルオンラインストア比較

 

一般的には、ワイモバイルショップなどの実店舗でiPhoneを契約した場合は、Apple Storeやワイモバイルオンラインストアで契約した場合よりも、本体価格は高めに設定されています。そして、新規契約事務手数料として、3,300円(税込み)がかかります。

 

しかし、店舗の場合はワイモバイルの料金プランやワイモバイルを使っていく上での注意点なども、店舗スタッフに聞くことができるなど、ワイモバイルの契約全般について確認することができます。有料のところがほとんどだと思いますが、電話帳などのデータ移行も行っている店舗もあるでしょう。

 

さらに、店舗によっては店舗独自のキャンペーンを実施している時もあり、場合によっては、Apple Storeやワイモバイルオンラインストアで契約する時よりも、iPhoneを安く購入できる可能性もゼロではありません。

 

時間に余裕があれば色んな店舗を回ってみて、キャッシュバックなどの特典を確認することも、お得にiPhoneを購入するために、必要なことだと筆者は考えています。

3.基本料金、本体価格を含めた見積もり

ワイモバイル料金プラン

「実際にiPhone 12とiPhone 12 miniを購入した時、毎月の料金がどれくらいになるか?」ということも気になる方もいらっしゃるかと思います。

 

ですのでこの章では、ワイモバイルオンラインストアで、ワイモバイルに乗り換えた時のiPhone 12とiPhone 12 miniの月額料金をプラン別・容量別に見ていきましょう。

 

簡単にワイモバイルの料金プラン「シンプルS/M/L」について解説すると、シンプルSは3GBのデータ通信量で2,178円(税込)、シンプルMは15GBのデータ通信量で3,278円(税込)、シンプルLは25GBのデータ通信量で4,158円(税込)となっています。(解約の際に契約解除料がかかる2年定期契約のようなものはありません)

 

通話料は、基本料金の中に含まれておらず、電話をかけると30秒あたり22円(税込)が別途かかってきます。

 

ワイモバイルの「シンプルS/M/L」についての解説は、【ワイモバイル最新料金プラン】知っておくべきメリット・デメリットをご参考にしてみてください。

 

iPhone 12の料金表

 

・ワイモバイルオンラインストアで契約

・ドコモからの乗り換えを想定

・本体代金は24回払いで契約

・表の料金は税込表記

ワイモバイル iPhone12 料金シミュレーション

 

iPhone 12 miniの料金表

 

・ワイモバイルオンラインストアで契約

・ドコモからの乗り換えを想定

・本体代金は24回払いで契約

・表の料金は税込表記

ワイモバイル iPhone12 mini 料金シミュレーション

ワイモバイル公式HP 料金シミュレーション

4.ワイモバイルQ&A

Q&A

・5G対応か?

対応しています。 

 

・端末返却、代金免除の様なものはあるか?

ありません。 

ドコモの「おかえしプログラム」auの「かえトクプログラム」、ソフトバンクの「トクするサポート+」のように、一定期間スマホを使用し、それを携帯電話会社に返却すれば、残りの端末代金が免除されるような施策はありません。

 

ですので、本体代金の負担は決して、小さいとは言えません。

 

・家族間通話は無料か?

無料になりません。 

家族がワイモバイルといえども、通話料はかかります。ですので、通話を多くする場合は、別途通話オプションに加入された方が良いでしょう。

 

・データ繰り越しできるか?

2021年8月からデータ繰り越し開始予定です。 

 

・2年契約か?

これから新規、のりかえでワイモバイルを契約する場合は、2年契約はありません。 

2年契約がないため、解約をしても、ワイモバイルの場合契約解除料はかかりません。

 

・ワイモバイルは格安SIMなのか?

携帯業界の中では、「格安SIM」に位置付けられていません。

ワイモバイルはソフトバンクの「サブブランド」として位置付けられており、電波や基地局もソフトバンクのものを利用しています。そのため、通信品質も安定しており、「つながりにくい」というケースはほとんどないと思われます。

 

・何かデメリットは無いのか?

格安SIMに比べると月額料金が高いです。また、一人で持った場合、家のインターネットとのセット割引を駆使しない場合、料金はUQモバイルをはじめとする、他社に比べて高いです。

ワイモバイルは通信品質が優れている分、格安SIMに比べると月額料金は、総じて高めです。

 

以上、ワイモバイルのiPhone 12とiPhone 12 miniに乗り換えをした場合の月額料金や、Apple Storeとワイモバイルオンラインストアで購入した場合のiPhoneの本体代金についてまとめてきました。

PAGE TOP