D-POPS

「図解で流れが分かる!」LINE 機種変更 / 引き継ぎ 完全ガイド

「図解で流れが分かる!」LINE 機種変更 / 引き継ぎ 完全ガイド

まえがき

(2021年10月12日更新)

スマホ本体を買い替える際に、データ移行に不安を覚える方は多いのではないでしょうか。
中でもLINEは、友人・知人・仕事関係者の情報がいっぱい。

 

「万が一データが消えて連絡先がわからなくなってしまったら…」「過去の履歴が見られなくなったらどうしよう」と感じるのも、当然でしょう。

 

このコラムでは、LINEのデータ引き継ぎについてわかりやすく解説します。
トーク履歴や友達の引き継ぎに関する基本情報から、アルバムやスタンプなど、LINEならではのポイントについても詳しくチェックしていきましょう。

 

※本記事では、移行の手順を実際のスマホ画面の画像を使って解説しています。

LINEのバージョンは、
11.17.0(iOS)と11.17.1(Android)で、
OSのバージョンは、
iOS15、Android11です。
(各OSの操作に大きな違いがない場合は、一つの画像で解説していきます)

使用端末は、iPhone SE第2世代とOPPO A73です。

2021年10月12日現在の情報です。

目次

  1. LINEで引き継ぎできるデータとは?
    ∟移行できるデータ(同じOS間)
    ∟AndroidからiPhoneの場合は?
  2. 機種変更前にやるべきこと4つ
    ∟電話番号の確認
    ∟メールアドレスの設定
    ∟パスワードの設定
    ∟(パスワードを忘れてしまっていたら?)
    ∟最新バージョンへのアップデート
  3. トーク履歴を引き継ぎたい
    ∟iPhoneの場合
    ∟Androidの場合
  4. 画像や動画を残したい
  5. アカウント引き継ぎ設定、必要?
  6. 機種変更後にやること
  7. スタンプときせかえの復元
  8. 3つの失敗例(エラー)対処法
    ∟認証番号SMSが届かない!
    ∟トーク履歴のバックアップができない!
    ∟メールアドレスを忘れてしまった!
  9. 【まとめ】データ引き継ぎは一つ一つ確実に

1.LINEで引き継ぎできる
   データとは?

LINE 機種変更-01

引き継ぎに関する具体的な行動を開始する前に、まずは正しい知識を身に付けておきましょう。
機種変更した際に、新しい端末でもそのまま使えるデータには、どのようなものが含まれているのでしょうか?

 

1.移行できるデータ(同じOS間)

 

●アカウント移行のみで可能

・友だちリスト

・グループ情報

・アルバムやノートに投稿された情報

・ステータスメッセージ

・タイムラインの内容

・Keepの中に保存した情報

・購入済みのLINEコイン残高

・ポイントクラブのランク情報

・LINEスタンププレミアムの利用情報

・LINE Pay,LINEポイント残高

・LINE Outのチャージ済みコールクレジット

・自分のプロフィール情報
  (アイコン画像やLINE IDなど)

・使用、購入していたスタンプやきせかえ
   (再ダウンロードが必要)

・LINE連動アプリ
  (LINE Payやゲーム、音楽、占いなどの情報)

 

これらのデータに関しては、一部を除けば、特別な操作をせずとも、事前に「メールアドレス登録とパスワード設定」(「アカウント設定」)をし、「アカウント移行」さえすれば、引き継ぎ可能です。

●アカウント移行+バックアップで移行可能

・トーク履歴

 

「トーク履歴」の移行に関しては、 「アカウント移行」だけでは不十分で、別途「トーク履歴のバックアップ」という操作が必要です。

 

詳しくはトーク履歴を引き継ぎたいで解説します。

 

2.AndroidからiPhoneの場合は?

AndroidからiPhoneあるいは、iPhoneからAndroidといったようにOSが異なる間での引き継ぎには、引き継ぎできるもの、引き継ぎできないものに分かれています。

 

引き継ぎ可能なデータ

・友だちリスト

・グループ情報

・アルバムやノートに投稿された情報

・ステータスメッセージ

・タイムラインの内容

・Keepの中に保存した情報

・ポイントクラブのランク情報

・LINEスタンププレミアムの利用情報

・LINE Pay・LINEポイント残高

・自分のプロフィール情報
  (アイコン画像やLINE IDなど)

・使用、購入していたスタンプやきせかえ
   (再ダウンロードが必要)

 

引き継ぎ出来ないデータ

・通知音の設定

・LINE Outのチャージ済みコールクレジット

・連動アプリ内の通貨やコイン、情報

・購入済みのLINEコイン残高

・トーク履歴

 

購入済み・チャージ済みの残高については、使い切ったタイミングでの手続きがおすすめです。
スタンプや着せかえは、無条件で引き継ぎ可能ですから、事前に交換しておきましょう。

 

トーク履歴については、残念ながら異なるOS端末で情報を引き継ぐ方法はありませんが、テキストファイルとして保存しておくことは可能です。
ただし、この場合トーク履歴を復元することはできないので注意してください。

 

2.機種変更前にやるべきこと4つ

メールアドレス登録 パスワード-04

ここからは、引き継ぎに向けた具体的な準備を進めていきましょう。機種変更前のスマホを使って、やるべきことは以下の4つです。

 

1.電話番号の確認

まずは、現在のLINEに登録されている電話番号が、現在使っているものかどうかを確認しておきます。確認手順は以下のとおりです。

 

1.LINEホーム画面にある歯車マークをタップする

2.アカウントをタップする

3.「基本情報」から電話番号を確認する

 

電話番号は、現在使っている携帯電話番号(LINEを使用するスマホで利用している携帯電話番号)であれば、問題はありません。

 

もし、別の電話番号が登録されているようでしたら、電話番号をタップして、最新の情報を入力してください。

 

その後、登録した電話番号でSMS認証を完了すれば、電話番号の変更が完了します。

 

2.メールアドレスの設定

次に、同じ「基本情報」画面から、メールアドレスを登録しましょう。

 

1.「メールアドレス」部分をタップ

2.登録したいメールアドレスを入力

3.登録したメールアドレスに認証番号が送信される

4.LINEの登録画面に認証番号を入力

5.「メールアドレス登録完了」画面が
   表示されれば登録完了

 

すでにメールアドレス欄に、普段使っているアドレスが表示されていれば、この手順は飛ばして大丈夫です。

 

3.パスワードの設定

メールアドレスと共に、チェックしたいのが
「パスワード」についてです。
未登録の場合、こちらも基本情報から登録しておきましょう。

 

※2019年2月25日以降にリリースされた「バージョン9.2.0」以上のバージョンのLINEを新規で登録された方は、新規登録時においてパスワードの登録が必須になっているため、改めてパスワードの再設定をする必要はありません。

Impress Watch公式サイト LINEがアカウント引継ぎ方法変更

 

ですので、このバージョン以前のLINEをお使いの方で、パスワード登録されていない、と思われる方のみ、こちらの項目を確認してみてください。

 

1.「パスワード」をタップ

※筆者の場合、既にパスワード登録をしているためパスワードの欄は「登録完了」となっています。

2.好きなパスワードを2回入力

※筆者の場合、既にパスワード登録をしているためこちらの画像では「パスワードを変更」となっています。

3.「パスワード」欄に「登録完了」
    表示されていることを確認

 

こちらも、すでに登録が完了していれば、そのままでOKです。

 

(パスワードを忘れてしまっていたら)

日常生活でLINEを使っている場合、LINEのパスワードを意識する機会はそんなに多くありません。

 

なかには、パスワードを忘れてしまった方もいるかもしれません。

 

LINEの場合、パスワードを忘れてしまった場合でも、パスワードを確認する方法はありませんが、「パスワードの再設定」という形で新しくパスワードを作成することができます。

 

やり方は、3.パスワードの設定で解説したように、

「歯車マーク」>「アカウント」>「パスワード」

とすすめます。

 

すると、画面ロックを解除する時の方法(Touch ID、Face ID、パスコードなどが求められ)で新しいパスワードを設定することができます。

 

4.最新バージョンへのアップデート

最後に忘れがちなのが、LINEアプリのアップデートです。古いバージョンで引き継ぎしようとすると、思わぬバグが発生する可能性も。

 

ホーム画面の
「App Store(iPhone)」または
「Google Play ストア(Android)」
からマイアプリ一覧をチェックしてみてください。

 

iPhone

1.「App Store」をタップ

2.「右上の人型マーク」をタップ

3.「アップデート」と表示されていたらタップ

 

Android

1.「Google Play ストア」をタップ

2.「右上のプロフィールアイコン」をタップ

3.「アプリとデバイスの管理」をタップ

4.アップデートできる状態であれば
   「更新」となっているのでタップ

 

ここまでで、アカウント引き継ぎの基本の準備は完了です。

3.トーク履歴を引き継ぎたい

トーク履歴も引き継ぐ場合には、トーク履歴のバックアップを取りましょう。トーク履歴のバックアップ先と具体的な手順は、OSによって異なります。

 

iPhoneの場合とAndroidの場合、それぞれを分けて解説していきます。

 

1.iPhoneの場合(Wi-Fi接続が必要)

iPhoneの場合、トーク履歴のバックアップはiCloud上で行います。iCloudとは、Appleがユーザー向けに提供しているクラウドサービスのことです。

 

iPhoneユーザーで、Apple IDを作成している方であれば、誰でも利用可能です。

 

写真、ビデオ、音楽、書類、アプリなど…スマホ内のあらゆる情報をクラウド上に保存でき、容量が5GBまでなら無料です。

 

具体的なバックアップ手順は以下のとおりです。

 

1.ホーム画面上から、「設定」

2.一番上の「ユーザー名」をタップ

3.「iCloud」をタップ

4.LINEをタップする(緑になったことを確認)

iPhoneの「設定」での操作はここまでで、ここからはLINEアプリ上での操作になります。

5.「歯車マーク」をタップ

6.「トーク」をタップ

7.「トークのバックアップ」をタップ

8.「今すぐバックアップ」をタップ

9.「バックアップが完了」
   と表示されたら終了

 

写真やその他のデータですでにiCloudの容量がいっぱいの場合、容量を買い足して対応しましょう。

 

2.Androidの場合の場合

Android端末の場合、バックアップ先はGoogleドライブです。

 

Googleドライブとは、Googleがユーザー向けに提供しているクラウドサービスで、さまざまなデータに対応しており、15GBまでなら、誰でも無料で使えます。

 

バックアップの手順は以下のとおりです。

 

1.ホーム画面上から「設定」をタップ

2.「ユーザーとアカウント」をタップ

3.「Google」をタップ

4.バックアップに使うグーグルアカウントを選択

5.「ドライブ」をタップ

Androidのスマホの「設定」での操作はここまでで、ここからはLINEアプリ上での操作となります。

6.「歯車マーク」をタップ

7.「トーク」をタップ

8.「トーク履歴のバック・アップ・復元」をタップ

9.「Google アカウント」をタップ。4.「バック
    アップに使うグーグルアカウントを選択」
    で選択したGoogleアカウントを選択

10.次の様なメッセージが出てきたら
   「許可」をタップ

11.「Google ドライブにバックアップする」
      をタップ

12.「トーク履歴をバックアップしました」
    と表示されたら完了

 

Androidの場合、詳細な表示は端末によって異なる場合があります。端末に合わせて操作しましょう。

4.画像や動画を残したい

トーク情報を引き継ぐ場合には、画像や動画に注意しましょう。

 

トーク履歴の画像や動画を引き継ぐなら、「アルバム」や「ノート」、「Keep」を活用してください。これらの情報は、アカウント情報と共に自動で引き継がれます。

 

つまり、トーク履歴にある画像や動画については、「トーク履歴の引き継ぎ」の設定をするだけでは、引き継ぎされませんので、注意してください。

 

画像や動画の保存に便利なノートやKeepですが、保存容量には「1GB」の制限があること、50MBを超えるデータのみ保存期間が30日間、といった制限がありますので、動画や容量の大きいファイルには注意しましょう。

LINE公式HP Keepの容量、保存期間について

 

5.アカウント引き継ぎ設定、必要?

アカウント引き継ぎ設定に関して、データ引き継ぎの際は、必ず「アカウント引き継ぎを許可にする必要がある」と解説されているサイトもあるようです。

 

このアカウント引き継ぎに関して、LINE公式の説明を引用してみると、

新しい電話番号のスマートフォンに引き継ぐ場合は、今までのスマートフォンで「引き継ぎの許可」をONにしてください。引用 LINE公式HP

とあるように、「今まで利用していたLINEアカウントを新しい電話番号で利用する時のみ必要」となります。

 

しかし、「アカウント引き継ぎを許可」にしていても、特にデメリットはありませんし、引き継ぎ設定を許可してから、36時間の間に結局LINEの引き継ぎをせずとも、何もデメリットはありません。

 

ですので、アカウント引き継ぎ設定はやっておいても問題はないでしょう。

 

引き継ぎをする際には、まず機種変更前の端末で「アカウント引き継ぎ設定」をします。

 

1.LINEのホームから「歯車マーク」をタップする

2.「アカウント引き継ぎ」をタップ

3.「アカウントを引き継ぐ」をオンにする

 

これで、機種変更前のスマホで行う手続きは完了です。

 

6.機種変更後にやること

ここからは、新しいスマホで作業していきましょう。

 

機種変更後にやらなければならないことの流れは、以下のとおりです。また、LINE引き継ぎの前に、iCloudやGoogleドライブの設定を終えておいてください。

 

写真はiPhoneに機種変更したと、想定したものです。

 

1.「ログイン」をタップ

2.「電話番号でログイン」をタップ

3.電話番号を入力

この時、「私はロボットではありません」というメッセージがスマホ上にでてきたら、画面の指示に従って入力をすすめていってください。

 

ここまでの操作をすると、6桁の認証番号が書かれたSMSがスマホに届くので、受信したらその認証番号を入力します。

 

すると、「トーク履歴を復元」という画面に変わりますので、必ずこの場面で「トーク履歴を復元」をタップしてください。

iPhoneの場合、この機を逃すと二度とトーク履歴を復元させることはできません。

 

トークの復元が終わったら、LINEの引き継ぎは完了です。

 

7.スタンプときせかえの復元

機種変更後のスマホにLINE引き継ぎができたとしても、さらにトーク履歴も復元できたとしても、スタンプときせかえに関しては再ダウンロードが必要です。

 

スタンプの復元

1.LINEホーム画面にある歯車マークをタップ

2.スタンプをタップ

3.マイスタンプをタップ

4.すべてダウンロードをタップ

 

着せかえに関しても、「歯車マーク」→「着せかえ」→「マイ着せかえ」→「ダウンロード」で、ダウンロードできます。

8.3つの失敗例(エラー)の対処法

LINEの引き継ぎは、手順さえわかっていればそう難しくはありません。

 

しかし中には、「手順通りにやっているのに、いったいどうして?」と悩まされてしまうことも…。

 

3つの失敗例(エラー)対処法を解説します。

 

1.認証番号SMSが届かない!

SMSが届かない場合、まずは落ち着いて入力電話番号を確認しましょう。

 

その上で「再送」して、本当に届かないかどうか確認します。届かない場合でも、「通話による認証」を選べば大丈夫です。

 

音声で認証番号を伝えてもらいましょう。それでも駄目な場合は、LINEのお問い合わせ窓口を活用してみてください。

 

2.トーク履歴の
   バックアップができない!

トーク履歴のバックアップができない場合、まず疑われるのがクラウドの「容量不足」です。

 

不要なものは消去し、整理した状態で実践しましょう。

 

またAndroid端末で、Googleアカウントを選択できなくなっている場合、スマホ本体の「設定」から「LINE」を見つけ、「権限」を変更する必要があります。

 

「連絡先」に関する権限がオフになっていたら、オンに変更してみてください。

 

3.登録したメールアドレスを
   忘れてしまった!

残念ながらこの場合、引き継ぎは不可能です。ただし、Facebook連携していれば、そちらからのログインは可能です。

 

必ず登録メールアドレスの確認を済ませておきましょう。

 

9.データ引き継ぎは一つ一つ確実に

LINEのデータ引き継ぎは、自分でできる作業です。

 

ただ、非常に重要なデータだからこそ、一つ一つ確実にこなしていくのがおすすめです。

 

「メールアドレス」と「パスワード」登録さえできていれば、あとは大きな問題にならないでしょう。

 

新しい端末でもストレスフリーでLINEを使えるよう、しっかりと準備を整えてください。

PAGE TOP