D-POPS

auひかり(マンション・ホーム)の料金・工事・メリット・デメリット ~完全解説版!~

auひかり(マンション・ホーム)の料金・工事・メリット・デメリット ~完全解説版!~

引っ越しやテレワークの推進によって、「自宅に新しく回線を引かなくてはいけない」という方も増えてきています。しかし、どこの回線を選べば良いのか、悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

 

今回は、auひかりのマンションおよびホームでの工事や費用のほか、すでにau系のスマホを使っている方に向けたお得な情報やメリット・デメリットについても、紹介していきます。

 

auひかりのキャンペーン情報
  • 【WEB限定!】
    他社回線からお乗り換えで121,000円還元中!
    詳細はこちら
  •  

  • auスマホを使っていれば月々のスマホ料金が割引に!
  •  

  • 初期工事費用30,000円が実質無料!
    工事費用の分割分が毎月の月額料金と一緒に請求されますが、同じ額の割引がありますので相殺されます!
  •  

 

目次

  1. auひかりの概要(総論)
  2. マンションタイプの内容
  3. └月額料金
  4. └マンションの工事内容
  5. └マンションの契約期間
  6. ホームタイプの内容
  7. └ホームの月額料金
  8. └ホームの工事内容
  9. └ホームの契約期間
  10. auひかりとスマートバリユーのセット割引
  11. スマートバリユーのメリットとは?
  12. キャンペーン
  13. メリット/デメリットまとめ

※各タイトル1分ほどで読めるように構成しております。

1.auひかりの概要(総論)

auひかり-01

auひかりは、KDDIの回線を使用してサービスを提供する光回線です。自宅に引いてパソコンをつなげば、安定した接続を意地してストレスなくインターネットを使えます。

 

安定した接続が可能な理由は、auひかりの最大の特徴である「KDDIの独自回線を利用している」ためです。

 

光回線サービス自体は、ドコモやソフトバンクでも提供しており、決して珍しいものではありません。ただし、ドコモやソフトバンクが使っているのは、NTTが有するフレッツ光回線です。

 

多数のサービスが共有している回線は、混雑時に快適な通信速度を維持しにくいというデメリットがあります。

 

その点、独自回線でネットにつなぐauひかりは、回線を使用する人が限られるため、混雑による速度低下が起きにくいのです。

 

auひかりのプランには、マンションにお住まいの方向けの「auひかり マンション」と戸建てにお住まいの方向けの「auひかり ホーム」の2種類があります。それぞれの内容を、詳しくチェックしていきましょう。

 

2.auひかり マンションの内容

マンションイメージ

マンションやアパートなど、集合住宅に住んでいる方向けのプランが、「auひかり マンション」です。

 

こちらのプランを利用するためには、マンションやアパート全体で、auひかりの設備が導入されている必要があります。

 

入居時には、インターネット回線がauひかりに対応しているかどうかを確認しましょう。

 

「auひかり マンション」で利用できるのは、以下の3つのサービスです。

  1. インターネット
  2. 電話
  3. テレビ

月額料金・工事内容・契約期間など、気になる点をより詳しくチェックしていきましょう。

 

3.auひかり マンションの月額料金

au光マンション 月額料金

「auひかり マンション」の月額料金は、マンションごとの配線方式の違いや契約戸数によって異なります。

 

  1. マンション タイプG
  2. マンション タイプV
  3. マンション 都市機構
  4. マンション 都市機構G
  5. マンション タイプE
  6. マンション タイプF
  7. マンション ギガ
  8. マンション ミニギガ

 

たとえば、マンションタイプG(G契約)は、マンションの共用部まで光ファイバーが引かれていて、16契約以上のマンションの場合に適用されるサービスです。こちらは、「お得プラン・ネットのみ」で、月額料金は4,180円(税込み)になります。

 

また、同じくマンションタイプG(G契約)で、8契約以上の場合、月額料金は4,510円(税込)です。

 

マンショタイプのお得プランで最安なのは、マンション タイプEで、月額料金は3,740円(税込)です。(※16契約以上でネットサービス利用の場合)

 

最も高いのは、マンション ミニギガで、月額料金は5,500円(税込)になります。

 

「auひかり マンション」には、契約期間に縛りがない標準プランも用意されています。マンションタイプGと、マンション都市機構Gで、標準プランを選択した場合、月額料金は5,390円(税込)です。

 

その他のタイプでは、お得プランと標準プランに価格差はありませんから、月額料金にとらわれず、好きな方を選択できます。

4.auひかり マンションの工事内容

au光マンション工事

マンション内にauひかりの設備が導入されており、共用部分にまで光ケーブルが引き込まれていれば、あとは契約者の個人宅内での工事になります。

 

工事に必要な時間は約2時間で、立ち合いが必要です。工事日は、「auひかり マンション」の申し込み時に指定しましょう。

 

工事費用は33,000円(税込)です。

 

また、マンションの状況によって、より大規模な工事が必要になるケースもあれば、宅内工事を必要としないケースもあります。

マンションの共用部にまで光ケーブルが引き込まれていない場合は、大規模工事が必要になるので、インターネットが開通するまでに1~2週間かかる可能性もあります。

 

一方で、マンション内の各住居への光回線までが完了している場合、「工事不要」と判断されるケースもあります。

 

このように、マンションタイプの場合、それぞれの条件によって工事内容・必要期間が大きく異なるため、サポート窓口を活用しながら、ご自身のケースについての情報を確かめていきましょう。

5.auひかり マンションの契約期間

au光マンション契約期間

auひかり マンションの契約期間は、選択する料金プランによって異なります。

  • お得プラン→契約期間2年(※自動更新)
  • 標準プラン→契約期間なし

 

料金面では、契約期間があるお得プランの方が安く設定されています。

 

マンションタイプによっては、お得プラン・標準プランの料金が同じに設定されているケースもありますが、この場合でも、「お得プランなら有料サポートを無料で利用できる」など、利用者にとってのメリットが提示されています。

 

ただし、お得プランを契約している方が契約更新月以外に解約しようとすれば、違約金(税込み7,700円もしくは税込み10,450円)の支払い義務が生じますので、どちらの方が自分に向いているのか、総合的に判断するのが良いでしょう。

6.auひかり ホームの内容

au光ホーム

「auひかり ホーム」は、auひかりの一戸建て住宅向けプランです。通信速度別に、以下のような種類があります。

  • auひかり ホーム1ギガ
  • auひかり ホーム5ギガ
  • auひかり ホーム10ギガ

 

1ギガプランは、一部地域を除いて日本全国で提供されています。

 

5ギガと10ギガは、次世代超高速インターネットプランとして、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の一部エリア限定で提供されているサービスです。

 

月額料金・工事内容・契約期間についてまとめます。

7.auひかり ホームの月額料金

au光ホーム 月額料金

auひかり ホーム」の料金プランは、以下の3つが用意されています。

  1. ずっとギガ得プラン
  2. ギガ得プラン
  3. 標準プラン

標準プランの場合、1ギガ・プロバイダ料込みで6,930円(税込)です。

 

ギガ得プランの場合、2年縛りで月額利用料は5,700円(税込6,270円)になります。

 

ずっとギガ得プランでは3年、ギガ得プランで2年の契約期間が設定されるものの、その間の料金が段階的に下がる仕組みを採用しています。

 

たとえば、ずっとギガ得プラン(ネットのみ)の場合、

  1. 1年目→5,610円(税込)/月
  2. 2年目→5,500円(税込)/月
  3. 3年目→5,390円(税込)/月

 

となります。

 

一部地域で提供されている5ギガプランは、1ギガプランと同じ料金で使用可能です。10ギガプランは、1ギガプランの料金+858円(税込)/月で利用できます。

8.auひかり ホームの工事内容

au光ホーム 工事内容

「auひかり ホーム」を導入するためには、対象の住宅内に光ケーブルを引き込む工事が必要です。

 

工事の流れは、以下のとおりです。

  1. 最寄りの電柱から光ケーブルの引き込み
  2. 光ケーブルの引き留め
  3. 光ケーブルの固定・保護
  4. 宅内への引き込み
  5. 宅内への引き込み

 

工事費用41,250円(税込)となり、工事そのものは2時間程度で完了します。

 

ただし、申し込みから工事完了までには、1~2ヶ月程度の時間を要します。

 

賃貸の一戸建てに工事を実施したい場合は、建物所有者の許可が必要になるので、許可を得た上で工事日を迎えられるよう、事前準備を整えておきましょう。

 

auひかり ホームの場合も、マンションと同じく、工事中は住人の立ち合いが必須です。

9.auひかり ホームの契約期間

au光ホーム 契約期間

auひかり ホームの契約期間は、契約プランによって異なります。

 

標準プランでの契約であれば、最低契約期間などは特に定められていないので、いつでも自由に解約可能です。

 

ギガ得プランは2年、ずっとギガ得プランは3年が、それぞれの契約期間となります。

 

契約期間中の解約には違約金(契約解除料)が発生しますので、事前に内容を確認しておきましょう。ホーム ずっとギガ得プランで6,500円(税込)、ホームギガ得プランで10,450円(税込)です。

 

このほか、2018年3月1日以降に申し込みをした場合、解約時には光ファイバー引込設備の撤去工事が必要となり、31,680円の撤去工事費がかかります。

10.auひかりとスマートバリユーのセット割引

auひかり スマートバリユー

スマートバリューは、auひかりとau回線の両方を契約している方向けに用意された、セット割引プランです。

 

「au携帯回線を利用し、対象のインターネット(auひかり)と電話プランに加入している人」もしくは、「au携帯回線を利用し、auスマートポートも契約している人」を対象に、au利用料金からの割引が行われます。

 

具体的な割引額は、以下のとおりです

【ピタットプラン 5G、ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN)の場合】

翌月から550円(税込)/月割引
(※7GBまで。ただし利用データ量が1GBまでの月は割引適用なし)

 

【使い放題MAX 5G、データMAX 4Gの場合】

翌月から、1,100円(税込)/月割引

 

【タブレットプラン20の場合】

翌月から、1,100円(税込)/月割引

 

このほかの受付終了プランについても、それぞれで割引額が提示されています。

 

たとえば、過去にあった【U18データ定額20】の場合、毎月の割引額は1,551円(税込)です。

 

ただしKDDIが2021年に発表した、スマホの新料金プラン「povo」は、スマートバリューの割引対象外です。auのスマホからpovoへ乗り換えると、セット割引は受けられなくなるので注意しましょう。

11.スマートバリユーのメリットとは?

auひかり スマートバリユー メリット width=

スマートバリューのメリットは、以下のとおりです。auひかりの契約を検討するなら、ぜひチェックしておきましょう。

  • 永年割引
  • 最大10回線まで適用可
  • 離れて暮らす50歳以上の家族も、適用可

 

スマートバリューは、契約している間ずっと割引を受けられます。「最初の〇ヶ月のみ割引」といったプランと比較して、割引額が大きくなります。

 

また、スマートバリューは、最大で10回線まで割引が適用可能なのでパパ・ママ・息子・娘など、家族みんなの割引金額を合計すると、非常に大きな金額になります。

 

50歳以上であれば、auひかりを利用している住所以外に住んでいる家族にも、割引を適用させることができるので、ぜひ検討してみてください。

 

家族の中にau回線を使用している人が多ければ多いほど、スマートバリューを利用するメリットは大きくなります。

12.auひかりのキャンペーン

キャンペーン

自宅にインターネット回線を引く際には、実施中のキャンペーンを必ずチェックしましょう。

 

2021年5月現在、auひかりでは以下のキャンペーンを実施しています。

 

★auひかり 乗りかえスタートサポート ホーム

 

現在他社のインターネットを使用していて、「違約金が発生するから乗り換えられない…」と思っている方向けのキャンペーンです。

 

他社固定インターネットまたは、他社モバイルデータ通信端末から、「auひかり対象ネットプラン(ホーム)」+「電話」に新規申し込みした場合に、違約金相当額のキャッシュバック(+還元)が、au PAYにて受けられます。

 

ただし、auスマートバリュー提携インターネットの申し込み日から12カ月以内にスタートサポートへの申請が必要です。

 

キャッシュバック+還元金額→最大30,000円

 

また、契約したauひかりと同一のスマートバリューに、au携帯電話を1回線以上新規登録した場合、追加のキャッシュバックが上乗せされ、au PAYにて受けられます。

 

上乗せキャッシュバック金額 → 毎月1,000円×最大10カ月(最大10,000円)

 

★初期費用相当額割引

auひかり(マンション・ホーム)で、「ネット」と「電話」を申し込んだ方向けに、初期費用相当額を割引するキャンペーンです。

 

毎月の利用料から、一定期間割引が適用されます。

auひかり マンション割引額
1,375円(税込)×24カ月
※最大33,000円(税込)割引

 

auひかり ホーム割引額
687円(税込)×60カ月
※最大41,250円(税込)割引

 

各キャンペーンを上手に活用すれば、初期費用・毎月の利用料金ともに、賢く節約できます。

 

対象キャンペーンやそれぞれの実施条件を、事前に確認しておきましょう。

13.auひかりのメリット/デメリット

au光 メリット デメリット

【auひかりのメリット】

  • 専用回線で混雑が起きにくい
  • スマホ料金の割引が受けられる
  • キャンペーンが豊富

 

インターネットの速度を重視したい方、既存のフレッツ光に不満がある方に、auひかりは特におすすめです。

 

また、「家族みんなでauのスマホを使っている」という場合も、スマートバリューによる割引が大きくなります。

 

携帯電話回線料金+光回線料金の合計金額において、金銭的メリットを実感しやすくなるでしょう。

 

【auひかりのデメリット】

  • 回線工事に時間がかかる
  • 対象エリア外の可能性がある
  • 乗り換えや引っ越しの場合
    光ファイバー引き込み設備撤去費
    (31,868円(税込)|auひかり ホーム)が発生する
    ※ただし、引っ越し先でも同じプロバイダでauひかりをご利用いただける場合は、撤去費用がかかりません。

 

インターネット回線契約の際に、「自宅でネットはいつから使える?」という点が気になる方も多いことでしょう。

 

KDDIの独自回線を使用するauひかりは、NTTのフレッツ光と比較して、工事が実施されるまでの期間が長くなりがちです。

 

申し込みから工事完了までには、1~2ヶ月程度かかることもあるので、余裕を持った計画を立てましょう。

 

また、2021年5月現在、以下の地域は「auひかり ホーム」の対象外に指定されています。

 

  • 静岡、愛知、岐阜、三重
  • 大阪、京都、兵庫、和歌山、奈良、滋賀
  • 沖縄

 

auひかり設備が導入されているマンションもまだまだ限られており、使用できる場所が限られている点にも注意してください。

 

また、解約時に発生する費用についても、事前確認が必須です。

 

契約前に注意しておきたい点もありますが、「家族そろって、auユーザー」「今のネット環境に不満がある」という方にとって、auひかりが魅力的だというのは事実です。

 

特に、「速度」にこだわりたい方から高く評価されている点が、auひかりの特徴だと言えるでしょう。

 

マンションタイプとホームタイプでは、料金・工事内容で若干の差があります。ご自身の環境に応じて、ベストな形でのauひかり導入を検討してみてください。

【WEB限定】
他社からお乗り換えで
\121,000円還元キャンペーン中/

PR/おすすめ

オンラインゲーム、VOD鑑賞なら回線の安定度が高い『SoftBank光』がおすすめです。

とにかく『安く』済ませたい方、楽天モバイルをご利用の方は『楽天ひかり』がおすすめ!

すでに楽天モバイル契約の方も12ヶ月無料!

 

関連ブログ

 

 

PAGE TOP