D-POPS

<!--移行済-->【格安SIM】料金は?通信速度は?BIGLOBE モバイル徹底解説

【格安SIM】料金は?通信速度は?BIGLOBE モバイル徹底解説

毎日スマホを使っていて

  • 通勤時間片道1時間。YouTube見てる
  • 子供にアンパンマンの動画を見してる

よく考えると、毎月のスマホのデータ使用量のほとんどを占めているのはYouTubeかもしれない。

 

  • 子供にスマホを持たせたい
  • 電話番号がついたSIMが契約したい
  • ワイモバイル、UQモバイルより安くしたい

料金が安いのがいい、データ通信量もそんなにいらない

 

こんな状況に当てはまる方の強い味方となりうるのがBIGLOBEモバイルです。

 

BIGLOBEモバイルとは、インターネットサービスプロバイダとして25年の歴史をもつBIGLOBEがサービス展開しているKDDI傘下の格安SIM会社です。KDDIとNTTドコモから通信回線を借りて通信事業を行ってるため、自前の通信基地局を整備する必要がありません。

 

また契約のための実店舗である、「BIGLOBEモバイル取扱店」は全国にありますが、契約後のアフターサービスなどはオンラインが窓口となるため、実店舗を構えるためのコストが抑えられており、その分、通信料金も安く設定できています。

BIGLOBEモバイル 格安SIM

1GBのデータ通信量から選べる手頃さ、データ通信量を消費せず、YouTubeなどの動画視聴サービス、YouTube Musicなどの音楽配信サービスなどを利用できる「エンタメフリー・オプション」の提供、といったようにBIGLOBEモバイルは通信費の節約だけでなく、独自サービスも打ち出している格安SIM会社です。

BIGLOBEモバイル エンタメフリー

また、Web申込|店頭申込それぞれのメリット・デメリットで詳しくご説明しますがBIGLOBEモバイルは、格安SIM会社でありながら、実店舗でも契約できる販売体制をとっており、「店員からプランなどの詳しい話を聞きたい」と考えている方のニーズも満たしている通信会社です。

 

このように「小容量のプランから選べる」「YouTubeデータ気にせず使い放題」とサービス内容がユニークな格安SIM会社ですが、 BIGLOBEモバイルに興味を持っている方は「通信速度」「エンタメフリー・オプションの使用感」「BIGLOBEモバイルの契約時の注意点」などについても気になると思います。

BIGLOBEモバイル 考える人

そこで、これからBIGLOBEモバイルを新規または乗り換えで検討している方向けに、新料金プランが発表されたBIGLOBEモバイルのプラン・サービス内容と共に、BIGLOBEモバイルの音声SIMを使ってみた筆者の感想を記事にしてみました。

 

記事の流れは、前半はBIGLOBEモバイルのプランの内容、後半は契約・手続き方法という流れになっていますので、気になるところからお読み下さい。

 

※2021年4月1日時点の情報です。

※料金は全て税込み表記となっています。

※記事の中で書かれているレビューは筆者の個人的な体験談となっています。

※筆者が使用しているスマホはワイモバイルで契約したiPhone SE2をSIMロック解除したものです(iOS14.4)

※iPhone SE2の音声回線(通話)は楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT Ⅴ(eSIM利用)、モバイル回線をBIGLOBE モバイル(タイプD)にして使用しました

 

BIGLOBEモバイルのキャンペーン情報

  • プラン料金初月無料!※初月解約時を除く
  • 1年間税込770円/月(3GBまで)で利用可能!
  • YouTube、Spotifyなどの通信量がノーカウント
    エンタメフリーオプションが6ヶ月無料!
  • スマホ本体も一緒に購入するとさらに20,000円ポイント還元!
    ポイント還元でiPhone SE(第2世代)も20,000円引き!

 

目次

  1. BIGLOBEモバイル プラン概要
  2. 通話が多いなら通話オプション
  3. 「くりこし」「シェアSIM」「家族割」
  4. BIGLOBEモバイルの通信速度
    /「速い時は本当に速い!」
  5. エンタメフリー・オプションの特徴・使用感
  6. 「タイプA」「タイプD」の違い
    動作確認端末の確認
  7. SIMロック解除について
  8. Web申込|店頭申込
    それぞれのメリット・デメリット
  9. 最低利用期間は1年
  10. SIMカード初期設定のやり方
  11. BIGLOBE モバイルのまとめ

1.BIGLOBEモバイルプラン概要

音声通話SIMの概要

BIGLOBEモバイル 通常プラン表

「音声通話SIM」「データSIM(データ通信+ SMS)」「データSIM(データ通信)」の3つのプランがBIGLOBEモバイルにはありますが、まずは音声通話SIMからご説明します。

 

新料金プランとして発表されたプランは

  1. 1GBで月額1,078円(税込)
  2. 3GBで月額1,320円(税込)
  3. 6GBで月額1,870円(税込)
  4. 12GBで月額3,740円(税込)
  5. 20GBで月額5,720円(税込)
  6. 30GBで月額8,195円(税込)

がベース料金となり、契約初月は基本料金は無料になります。

 

2021年4月1日から始まったキャンペーンでは、これらの月額料金が「音声SIM特典」によって、それぞれ1年間割引され、

  1. 1GBで月額770円(税込)
  2. 3GBで月額770円(税込)
  3. 6GBで月額1,320円(税込)
  4. 12GBで月額3,190円(税込)
  5. 20GBで月額5,170円(税込)
  6. 30GBで月額7,645円(税込)

で使えるようになります。(キャンペーン終了日は未定)

BIGLOBEモバイル キャンペーンプラン表

 

2つの図の右側はご自宅の固定回線をBIGLOBEのサービスとSIM回線をまとめた場合、又は後述しますが、「BIGLOBE家族割」を適用させた音声SIMの月額料金となります。

 

BIGLOBEモバイル 公式HP 2021年4月1日からのキャンペーン

ワイモバイル|UQモバイルと比較すると?

BIGLOBEモバイル 比較する女性

ここで、「サブブランド」と呼ばれるワイモバイルとUQモバイルの3GBのスマホのプラン(音声+SMS+データ)と料金比較してみましょう。

 

ワイモバイルの3GBプランが月額2,178円(税込)、
UQモバイルの3GBプランが月額1,628円(税込)に対して、BIGLOBEモバイルの3GBプランは月額770円(税込)(1年間)と、料金だけで言ったらBIGLOBEモバイルはワイモバイルの約3分の1です。

 

これからこの記事で、BIGLOBEモバイルのサービスの特徴、通信速度、メリットなどをお伝えしていきますが、「とにかく料金重視!」という方にはBIGLOBEモバイルはうってつけな携帯会社と言えるでしょう。

ワイモバイル新料金プラン 合う人|合わない人

UQモバイル「くりこしプラン」と「povo」どちらが合っているか?

 

データSIMの概要

BIGLOBEモバイル データSIM

今回の新料金プランでは料金が改定されたのは、音声SIMの小容量〜中容量のみで、データSIM契約は変更はありませんでした。

 

そのため、データSIMのプランに関しては、割高な印象も受けます。

 

データSIM(SMS付き)は以下の通りです。

  1. 3GBで月額1,122円(税込)
  2. 6GBで月額1,727円(税込)
  3. 12GBで月額3,102円(税込)
  4. 20GBで月額5,082円(税込)
  5. 30GBで月額7,557円(税込)

BIGLOBEモバイル データ通信プラン

 

SMS機能なしのデータSIMは以下の通りです。

  1. 3GBで月額990円(税込)
  2. 6GBで月額1,595円(税込)
  3. 12GBで月額2,970円(税込)
  4. 20GBで月額4,950円(税込)
  5. 30GBで月額7,425円(税込)

 

データSIMに関しても、ご自宅の固定回線をBIGLOBEのサービスとSIM回線をまとめた場合、又は家族割引を適用させた場合、音声SIM同様税込みで220円の割引があります。

2.通話が多いなら通話オプション

BIGLOBEモバイル 通話料

国内通話料は30秒あたり22円(税込)でショートメール(SMS)送信料は1通3.3円(税込)〜となっています。

 

BIGLOBEモバイルでは「BIGLOBEでんわ」というアプリがあり(無料)、このアプリから通話をすると、30秒あたり9.9円(税込)まで料金が下がります。

 

BIGLOBEでんわからの利用になりますが、もし通話をする機会が多いようでしたら、他の携帯電話会社にもあるように、別途通話オプションをつけることもできます。(国内通話が対象)

 

通話オプションは4つあります。

「10分かけ放題」月額913円(税込)
10分以内の通話が何度でも可能

「3分かけ放題」月額660円(税込)
3分以内の通話が何度でも可能

「通話パック90」月額913円(税込)
最大90分の無料通話が可能で

「通話パック60」月額660円(税込)
最大60分の無料通話が可能

BIGLOBE公式HP BIGLOBEでんわ

3.「くりこし」「家族割」「シェアSIM」

データ繰り越しが可能

BIGLOBEモバイル くりこし

契約プランが1GB以外であれば、データ量が余った場合は翌月まで繰り越すことができます。繰り越せるデータ量の上限は、利用プランのデータ量となります。(3GBプランであれば、くりこせるデータ量の上限も3GB)

BIGLOBE モバイル公式HP データくりこし
 

逆に各プランのデータ量の上限までデータを利用した時の通信速度は200Kbpsまで低速化します。その月のデータ量を追加する場合は「データ追加チャージ」をすれば100MBごとに330円(税込)で追加することができますが、他社に比べると割高感が拭ません。

 

BIGLOBE 家族割で220円(税込)割引

BIGLOBEモバイル 家族割

料金プランのところで、ご説明しましたが、BIGLOBEモバイルにも他の携帯電話会社の様に家族割引があります。2回線目以降から、220円(税込)割引を受けることができます。

 

最大4名までなら家族割を組むことができ、さらに別住所や別姓でも登録が可能です。ただし、BIGLOBE 家族割を組む場合、請求は代表回線に一括請求となるので、別々に毎月の料金を支払うことはできません。

 

また家族割を組んだからといって、家族間の通話やショートメール送信が無料になるわけではありませんので、注意が必要です。

BIGLOBE モバイル公式HP BIGLOBE 家族割

 

データ量を分け合えるシェアSIM

BIGLOBEモバイル シェアSIM

BIGLOBE 家族割に似たサービスとして、シェアSIMを利用する方法があります。

 

これは主契約で契約したデータ量を複数の端末で分け合えるサービスで、月額料金は音声通話SIMの場合990円(税込)、SMS付きのデータSIMの場合352円(税込)、SMS機能なしのシェアSIMの場合220円(税込)で1枚追加することができます。

 

シェアSIMという名前ですが、音声通話SIMのシェアSIMを発行すれば、通話もすることができます。

 

例えば主契約を3GBプラン1,320円(税込)(キャンペーン割引は適用なしとする)にして、この主契約に990円(税込)で1枚シェアSIMを発行すると2,310円(税込)で3GBのデータ量をシェアすることができます。

 

ただし、シェアSIMにもいくつか
注意点があります。

  • 主契約は音声通話SIMで3GB以上
  • 音声通話SIMのキャンペーンは適用不可
  • 追加できる枚数の上限は4枚まで
  • シェアSIM1枚発行するごとに
    事務手数料3,300円(税込)と
    SIM準備料433円(税込)がかかる
  • 音声SIMのシェアSIMの場合、
    12ヶ月の最低利用期間がある。
    最低利用期間以内に解約をすると
    1,100円(税込)の契約解除料がかかる
  • 主契約を解約する場合、
    事前にすべてのシェアSIMを
    解約しておく必要がある

 

筆者の考えでは、BIGLOBE家族割を組んだほうがキャンペーンも適用できますし、今回の料金値下げの恩恵が受けられるので、BIGLOBE 家族割を組んだ方が良いと思っています。

 

ただし、家族全員ほとんどデータ量を使わず、繰り越すことがあらかじめ分かっている時は、シェアSIMを発行したほうが、無駄なくデータ量を消化させることができるでしょう。

 

また、シェアされる側(副契約)が通話をする必要がない時は通話機能がついていないデータ専用シェアSIMカードであれば220円(税込)で発行できるので、その場合はお得になります。
(データ専用シェアSIMカードは最低利用期間はありませんので、解約もしやすいです)

BIGLOBE モバイル公式HP シェアSIM

 

4.BIGLOBEモバイルの通信速度
/「速い時は本当に速い」

BIGLOBEモバイル 通信速度_1

別ブログ楽天モバイル使ってみたでも記載していますが、筆者は2021年11月頃にワイモバイルから楽天モバイルの「Rakuten UN LIMIT Ⅴ」にのりかえて、メイン回線で使っており(現在はeSIMで利用)、今回はBIGLOBEモバイルの音声通話SIMの3GBプランに、エンタメフリー・オプションをつけたSIMをiPhoneSE2にさして、サブ回線として使っています。

 

「BIGLOBEモバイルなどの格安SIM会社は通信速度が遅い」という話を聞いたり、ニュースを見たりする方もいらっしゃるかと思います。

 

そこで、通信速度が気になる方向けに「楽天モバイル使ってみた」の様に自宅や勤務地でBIGLOBEモバイルを使った時の通信速度、あるいは「ワイモバイルや楽天モバイルの回線と比較して、BIGLOBEモバイルの回線は体感的にどう感じたか?」といったことについて、この章ではお伝えしていきます。

 

筆者の日常の生活シーンをご説明すると、勤務地は東京都渋谷区で、居住地は京王井の頭線沿線、休日は渋谷か下北沢で買い物をする、といったように主に東京23区内が生活圏です。

 

スマホの通信速度を計測したアプリは、別記事「楽天モバイル使ってみた」でも使用した「スピードテスト SpeedTest Master」というアプリです。
スピードテスト-Speed Test Master

 

今回は、平日の計測結果について記事では扱っていますが、土日についても順次計測結果をご紹介していきます。

 

平日10時-11時頃の渋谷駅

平日10時渋谷

 

下り(ダウンロード)速度

54.8|41.1|58.5|52.0|56.0(Mbps)
平均52.4Mbps

 

上り(アップロード)速度

15.5|15.5|15.1|14.0|15.0(Mbps)
平均15.0Mbps

BIGLOBEモバイル 通信速度_2

平日の10時-11時台の渋谷駅で5回計測した時の平均速度は、下り52.4Mbps、上り15.0Mbpsでした。

 

これぐらいの通信速度があれば、テキスト主体のWebサイトはもちろん、YouTubeなどの動画視聴アプリで動画も問題なく視聴できます。また楽天モバイルに乗り換える前のワイモバイルと比較しても、特に「遅い」とも感じませんでした。

 

※ただし、詳しくは後述しますが、エンタメフリー・オプション申込時かつ、エンタメフリー・オプションをオンにしている時に、エンタメフリー・オプション対象のサービスを利用している時は、エンタメフリー・オプション専用の通信帯域でデータ通信がされるため、回線の混雑状況によっては、通信速度は低下します。

BIGLOBE 公式HP エンタメフリー・オプションについて

平日12時-13時頃の渋谷

平日12時台渋谷

 

下り(ダウンロード)速度

1.15|0.74|0.81|0.66|0.99(Mbps)
平均0.87Mbps

 

上り(アップロード)速度

13.5|13.1|8.71|8.90|14.3(Mbps)
平均11.7Mbps

BIGLOBEモバイル 通信速度_3

平日の12時-13時台の渋谷で5回計測した時の平均速度は、下り0.87Mbps、上り11.7Mbpsでした。

 

他サイトでも書かれていることかもしれませんが、BIGLOBEモバイルの昼時の通信速度(特に下り/ダウンロード速度)は著しく低下してしまいました。

 

計測をした3月30日以外の月曜日から金曜日までの昼時の通信速度を計測しましたが、どの曜日も平日昼時のダウンロード速度は1Mbpsを超える日はあまりありませんでした。

 

ここまでの通信速度になってくると、Yahoo!などのポータルサイトを開くのにも、数秒かかってしまいますし、YouTubeなどの動画視聴をすることも難しくなってきます。

平日16時-17時頃の渋谷

平日16時台渋谷

下り(ダウンロード)速度

26.5|26.1|20.6|4.26|4.39(Mbps)
平均16.3Mbps

 

上り(アップロード)速度

11.7|12.7|11.6|16.3|ー(Mbps)
平均13.0Mbps

BIGLOBEモバイル 通信速度_5

平日の16時-17時台の渋谷で5回計測した時の平均速度は、下り16.3Mbps、上り13.0Mbpsでした。

 

平均速度はこの数値でしたが、平日夕方の16時から17時までの1時間の間で5回計測したときの下り/ダウンロード速度に関しては「上は26.5Mbps」「下は4.26Mbps」と差がありました。

 

この時間帯に限りませんが、その時々の通信速度の差が大きいということもBIGLOBEモバイルなどの格安SIMの特徴と言えるのかもしれません。

平日20時-21時頃の筆者自宅

平日20時自宅

下り(ダウンロード)速度

4.56|4.77|4.74|4.53|4.79(Mbps)
平均4.67Mbps

 

上り(アップロード)速度

5.36|8.20|6.87|4.06|5.04(Mbps)
平均5.90Mbps

BIGLOBEモバイル 通信速度_6

筆者の自宅は東京23区内です。今回計測したのは平日の夜でしたが、朝、夜に自宅で、BIGLOBEモバイルの通信速度を測ると、概ね下り、上り共に1〜5Mbpsあたりの通信速度になります。(通信状況によっては、1Mbpsいかない時もあります)

 

5Mbps程度の通信速度ですと、Webサイトを見ることは問題ありませんが、動画サイトを視聴するには、心許ない通信速度と言えるでしょう。

 

ですのでBIGLOBEモバイルを契約する場合は、料金改定が行われた1GB~6GBの低容量から中容量で契約し、場合によってはエンタメフリー・オプションを契約。そして、自宅ではWi-Fiに接続してスマホを使用する、という使い方がおすすめです。

 

5.エンタメフリー・オプションの特徴・使用感

BIGLOBEモバイル エンタメフリー_1

ここからはBIGLOBE モバイルの最大の特徴のひとつといえるエンタメフリー・オプションについてご説明していきます。

 

エンタメフリー・オプションとはYouTubeやU-NEXTなどの動画配信アプリ、Google Play Music、YouTube Music、Apple Musicなどの音楽配信アプリなど21のアプリがデータ量を
消費せずに利用できるサービスですが、このオプションを申し込むには3GB以上のプランを契約する必要があります。

 

月額料金は音声通話SIMの場合は308円(税込)、データSIMの場合は1,078円(税込み)です。

 

3GB以上の音声通話SIMを新規で契約、又はBIGLOBEモバイルを既に契約している方で、エンタメフリー・オプションを申し込むと、月額308円(税込)の料金が半年間無料になるキャンペーンも実施中です。(2021年4月1日〜終了日未定)

BIGLOBE モバイル公式HP エンタメフリー・オプション6ヶ月無料
 

以下のサービスがエンタメフリー・オプション対象サービスです。

動画配信(動画視聴のみ)
YouTube|AMEBA|U-NEXT|YouTube Kids

 

音楽・ラジオ配信(音楽再生/ラジオ配信のみ)
YouTube Music|Apple Music|Spotify
Rec Music|AWA|LINE MUSIC|radiko
らじる★らじる|dヒッツ|AWA
Amazon Music|楽天ミュージック

 

電子書籍配信(閲覧・ダウンロードのみ)
dマガジン|dブック|楽天マガジン|楽天Kobo

 

その他アプリ
Facebook Messenger|au PAY マーケット

 

エンタメフリー機能対象外サービス

ただし、次にご説明する機能は全サービス共通でエンタメフリー機能の対象外となります。BIGLOBE モバイルのホームページからの引用を示します。

エンタメフリー機能を「オフ」に設定している場合/公式アプリ以外での利用/動画配信サービスや音楽・ラジオ配信サービスでの動画・音声の再生以外の操作に伴う通信/複数台端末・複数アプリでの、エンタメフリー対象サービスの同時利用/VPN(Virtual Private Network)、プロキシサーバを介した通信/エンタメフリー対象サービスからの外部リンクへの接続

引用 BIGLOBE モバイル公式HP

 

また、上記以外でも例えばYouTubeであれば、動画、音楽コンテンツのアップロードはエンタメフリー対象外など、個々のアプリによって対象外サービスがあります。

 

ですので、エンタメフリー・オプションを契約して、対象サービスを利用する際は、必ず上記引用部分の「BIGLOBE モバイル公式HP」をご確認ください。

 

エンタメフリー機能でYouTubeを視聴した感想

BIGLOBEモバイル エンタメフリー_2

BIGLOBE モバイルを契約した初期の状態では、エンタメフリー機能はONになった状態です。

 

自宅・勤務先、時間を問わず、エンタメフリー機能をONにした状態で、YouTubeを視聴しましたが、

 

「なんとか動画が止まらず、最後まで見れたな。画像は少し粗いけど」

 

「動画をダブルタップで早送り(巻き戻し)すると、2~3秒動画読み込み時間があるな」

というのが率直な感想でじた。

 

通信速度の解説のところでご説明しましたが、エンタメフリー・オプション申込時かつ、エンタメフリー・オプションをオンにしている時に、エンタメフリー・オプション対象のサービスを利用している時は、エンタメフリー・オプション専用の通信帯域でデータ通信がされ、回線の混雑状況によっては、通信速度は低下します。

 

また2021年4月8日現在、iPhoneでYouTubeを視聴する際、「1,080p」が最高画質になりますが、エンタメフリー・オプション利用時にBIGLOBEモバイルが推奨するYouTubeの画質設定は、「画質・自動設定」であり、視聴可能な画質は360p以下としています。

BIGLOBE モバイル公式HP 画質・音声の推奨品質について

 

実際にエンタメフリー機能をONにした状態でYouTubeを再生するとYouTubeの画質は「144p」〜「360p」になります。

 

さらにエンタメフリー・オプション利用時の動画視聴はスマートフォンでの視聴を対象にしており、タブレットなどの大画面での視聴には向いていません。

BIGLOBEモバイル エンタメフリー スマホ視聴推奨

 

しかし、画質は粗かったことは確かですが、音質に関しては特に気になるところはありませんでした。

 

ですので「ミュージックビデオを聴きながら何処かへ行く。通勤をする」という方にとっては、エンタメフリー・オプションは重宝するかもしれません。

 

ここまでは、BIGLOBEモバイルのプラン内容・サービス内容に関するご説明でした。

 

ここからは、実際にBICLOBEモバイルを契約する段階になってくるお話をしていきます。まずは、格安SIM会社特有の通信に関するお話「タイプAとタイプD」の違いと動作確認端末ついてご説明します。

6.「タイプA」「タイプD」の違い
(動作確認端末の確認)

BIGLOBEモバイル タイプA タイプD

「BIGLOBEモバイルはKDDIグループ傘下の格安SIM会社で、KDDIとNTTドコモから通信回線を借りて通信事業を行っています。」と前述しました。

 

BIGLOBEモバイルに限らず、他の格安SIM会社も大手通信会社から通信回線を借りてサービスを展開していますが、一般的にKDDIから借りている回線を「タイプA」、NTTドコモから借りている回線を「タイプD」と言います。

 

このタイプAとタイプDの仕様は次のとおりです。

タイプA(au)
通信速度
受信時最大958Mbps
送信時最大112.5Mbps

利用可能エリア
4G LTEエリア

SIMカードサイズ
マルチサイズSIM

 

タイプD(docomo)
通信速度
受信時最大1,288Mbps
送信時最大131.3Mbps

利用可能エリア
Xiエリア+FOMAエリア

SIMカードサイズ
標準SIM/microSIM/nanoSIM

 

※記載のサービスはベストエフォート型サービスです。実使用速度を示すものではありません。
※最大通信速度はエリアにより、変わってきます。最新のエリア情報は、KDDI公式HP MVNOサービス及び、NTTドコモ公式HP MVNOサービスをご確認ください。

 

BIGLOBEモバイルではタイプAかタイプDが選べますが一般的には、「今auの契約をしていて、auの電波が問題なく入るのであれば、タイプA」「今ドコモの契約をしていて、ドコモの電波が問題なく入るのであれば、タイプD」という選び方が良いとも言われています。
(ただしタイプを選べるのはWeb申込及び、一部のBIGLOBE取扱店のみ)

 

また、SIMだけの契約をする場合、auのスマホを使っていてタイプAを選んだ場合、及びドコモのスマホを使っていてタイプDを選んだ場合には、それぞれSIMロック解除不要でBIGLOBE モバイルのSIMをさし、設定をすれば通信が可能です。(一部例外もあります)

 

ちなみに、筆者は弊社が運営している携帯ショップ、TOP1でBIGLOBE モバイルのSIMを契約しましたが、TOP1はタイプDしか選べませんでした。

 

しかし筆者が使用しているスマホはワイモバイルで契約したものをSIMロック解除したものです。そもそもドコモもauも関係ありませんが、タイプD方式のSIMカードをさしても全く問題なく使えています。

 

タイプによって変わってくるもの

BIGLOBEモバイル タイプA タイプD_2

タイプA、タイプDについてご説明しましたが、実際にBIGLOBE モバイルのSIMカードを契約する前には、BIGLOBE モバイルの「動作確認端末」のページを確認したほうが良いでしょう。

BIGLOBEモバイル公式HP 動作確認端末

 

何故ならば、お使いのスマホによって、タイプAでしか使えないもの、タイプDでしか使えないものが決まっていたり、SIMロック解除が必要か不要か、そしてテザリングなどの機能が使えるか、使えないかが決まっているからです。

 

しかし、BIGLOBEモバイルの動作確認端末のページでは、あくまでも「BIGLOBEモバイルが確認したもの」に過ぎず、動作や機能を保証したものではないことにご留意ください。

7.SIMロック解除について

BIGLOBEモバイル SIMロック解除

今お使いのスマホそのままで、BIGLOBEモバイルのSIMだけ契約し、そのSIMをスマホにさして通信が使える様にするためには、今契約している携帯電話会社での「SIMロック解除」と呼ばれる手続きが必要になります。SIMとはスマホ本体の中に入っており、通信を行うためのカードです。これを「SIMカード」といいます。

 

ドコモショップなどの「キャリアショップ」あるいは、家電量販店や街の携帯ショップ(併売店)で契約したスマホは基本、その通信会社のSIMカードでしか使用できないようにしてある「SIMロック」がかけられています。

 

このロックを外すことをSIMロック解除と呼ばれていますが、これは「My docomo」などの各電話会社のユーザー専用Webページからでもできますし、やり方が分からないようでしたら、ドコモショップなどのショップでも手続きができます。

 

SIMロック解除について、詳しく知りたい方は、SIMロック解除とは?をご確認ください。

 

※iPhoneの場合、SIMロック解除ができるものは「iPhone6S」から最新のiPhoneである「iPhone12」シリーズまでとなっています。(Apple Storeなどで購入した「SIMフリー版」のものはその限りではありません)

8.Web申込|店頭申込それぞれのメリット・デメリット

BIGLOBEモバイル 契約方法

「BIGLOBE モバイルは実店舗をかまえていない」とご説明しましたが、それはドコモショップのような専門店(プラン変更や解約など、契約以外の業務を扱っている店舗、「キャリアショップ」)をかまえていないということを意味します。

 

しかしBIGLOBEモバイルを契約するための店舗、「BIGLOBE モバイルの取扱店」は全国にあります。

 

ただ、BIGLOBEモバイル取扱店には、その場で即日開通してBIGLOBE モバイルが利用できる「即日開通対応店舗」と「SIMのエントリーパッケージのみ販売する店舗」(店舗でSIMのエントリーパッケージを購入し、Webから申し込みをすると数日後にSIMカード本体が届く仕組み)の2種類があります。

 

つまり、BIGLOBEモバイルを契約する方法は

  1. Web申込
  2. 即日開通対応店舗
  3. エントリーパッケージ販売店舗

この3つになります。それぞれメリット・デメリットがありますので、順番にご説明します。

 

※BIGLOBE モバイルを契約する場所・方法についてご説明しますが、3つの方法の共通点として、毎月のBIGLOBE モバイルの支払い方法は原則クレジットカードが必須になります。

 

1.Web申込(2021年4月8日現在)
【メリット】

・事務手数料とSIMカード準備料が無料になる
※音声通話SIMカードのみの契約の場合
・24時間365日申込可能
・SIMだけでなく、スマホ本体も契約できる
・タイプA、タイプBから選択できる
・スマホ本体とのセット契約でポイントがつく
・データSIMも契約できる
・シェアSIMも契約できる

BIGLOBEモバイル 契Web申込
 

【デメリット】
・プラン説明が受けられない
・初期設定を自分でしなければならない
・SIMカードが届くまで日数がかかる

 

Web申込の場合は事務手数料3,300円(税込)とSIMカード準備料433円(税込)が無料になります。

 

今回の記事では主に「SIMカードだけ契約する方」に向けて記事を書きましたが、BIGLOBE モバイルが取り扱っているスマホ本体とSIMをセットで契約する場合は、Web申込限定となります。

 

初期費用が抑えられる反面、契約からSIMカードの設定まで自分でする必要があり、店頭スタッフのサポートが受けられないということがデメリットに挙げられるでしょう。

 

2.即日開通対応店舗
【メリット】

・店舗スタッフからプラン説明が受けられる
・申込みをしたその日から使える
・その店舗独自のキャンペーン
(キャッシュバックなど)

BIGLOBEモバイル 即日開通店舗
 

【デメリット】
・事務手数料やSIM準備料がかかる
・BIGLOBEモバイルのスマホ本体は契約できない
・場合によっては店が混んでいる
・シェアSIMは扱っていない
・音声通話SIMしか扱っていない
・店舗によって、タイプA、タイプB
どちらかしか扱っていない
・Web限定のキャンペーンが受けられない

 

BIGLOBEモバイルに限りませんが、一般的にスマホの契約は「Webで申込をした方が初期費用が抑えられてお得」とも言われています。

 

これは間違ってはいませんが、店舗によっては、店舗独自のキャンペーンがあり、Webで申込する以上の還元を受けることもできます。

 

事実、筆者は弊社の直営店で契約しましたが、(社員だからというのもあるかと思いますが)キャッシュバックをしてもらえました。

 

キャッシュバックもそうですが、あまりスマホのことや、格安SIMのことに詳しくない方にとっては、その店舗スタッフから対面でBIGLOBEモバイルの話を聞けることは、メリットになると思います。

 

もしかしたら、BIGLOBEモバイルよりも、ご自身にとって合う携帯会社、格安SIM会社が見つかるかもしれません。

 

一方、店舗で申し込むデメリットとしては、店舗にいくタイミングによっては、混んでいて待たされることも考えられます。

 

そして、「BIGLOBEモバイルのSIMとスマホをセットで契約したい。データSIMを契約したい」というケースでも、店舗では音声通話SIMしか扱っていません。タイプDしか扱っていないという店舗もありますので、選択肢は限られてしまう、ということもデメリットに挙げられるでしょう。

 

最後の注意点としては、BIGLOBEモバイルの公式ホームページにのっているキャンペーンでも、「当サイトまたはお電話で申し込まれた方に限る」という文言がキャンペーンの注意事項にのっている時があります。

 

しかしキャンペーンによっては、本当にそういうケースもありますが、別に店舗で申込をしても、Web申込同様のキャンペーンを受けられる場合もあります。

 

ですので、「店舗でBIGLOBE モバイルを契約したい」という方は、実際に店舗に行く前に、店舗に「タイプA、タイプBどちらを扱っているのか?」「契約にあたっての必要書類」「受けられるキャンペーン内容」など、気になることを確認してから行ってみることをおすすめします。

BIGLOBE公式HP 取扱店舗

 

3.エントリーパッケージ販売店舗
【メリット】

・事務手数料が無料になる
・タイプA、タイプBから選択できる
・(即日開通店舗より)待ち時間が少ない
・音声通話SIMだけでなく、
データSIMも申し込める

BIGLOBEモバイル エントリーパッケージ販売店舗

 

【デメリット】
・SIM準備料はかかる
・BIGLOBEモバイルのスマホ本体は契約できない
・その日に開通できない
・Web申込専用のキャンペーンと
併用できない可能性もある

 

エントリーパッケージとは、Webで申込みをするための「エントリーコード」などが書かれた紙のパッケージのことです。

 

このエントリーパッケージは店舗で購入する以外にも、Amazonなどのオンラインで購入することができます。

 

エントリーパッケージの主なメリットとしては、事務手数料3,300円(税込)が無料になったり、エントリーパッケージ限定のキャンペーンや特典があるということです。

 

実際にBIGLOBEモバイルを申し込む形はWebになりますので、Web申込みのメリットである、音声通話用SIMやデータSIMを申込みができたり、店舗で待たされることなく契約ができます。

 

しかし、エントリーパッケージ自体には300円(税込)〜程のパッケージ代金がかかりますし、事務手数料は免除されますが、SIMパッケージ代金とは別にSIM準備料(433円(税込))はかかります。

 

エントリーパッケージ申込限定のキャンペーンもある一方、エントリーパッケージから申込をすると、(Webで申込をする形ですが)Web申込のキャンペーンが受けることができなかったりするなど、デメリットも大きいかもしれません

 

Web申込同様、エントリーパッケージを購入した日にBIGLOBE モバイルが使える様になるわけではないので、エントリーパッケージを使って契約するぐらいであれば、Webから直接申込をしたほうが良いでしょう。

 

 


キャンペーン中!

 

 

9.最低利用期間は1年

BIGLOBEモバイル 契約期間

音声通話SIM契約のみですが契約月の翌月を1ヶ月目として12ヶ月間の「最低利用期間」があり、この間に解約をすると、契約解除料として1,100円(税込)発生します。

 

ただし大手携帯電話会社の様に、「契約期間が自動更新される」ということはありません。

BIGLOBEモバイル公式HP 最低利用期間について

10.SIMカード初期設定のやり方

BIGLOBEモバイル 初期設定

初期設定に関しては、即日開通店舗で契約する場合は、店舗スタッフの方がサポートされるので、ご心配はいりません。

 

Web申込の場合でも、後日郵送されるSIMカードのパッケージに初期設定の方法が書かれているかと思いますので、そのマニュアル通りに設定すれば回線が繋がるようになるでしょう。

 

Web申込とエントリーパッケージ申込の方は、自宅でSIMの開通作業をすることになりますが、その際はWi-Fi環境が必要になるので、それだけ注意してください。

 

【BIGLOBEモバイル公式HP】
iPhoneの接続設定方法(APN)
Android接続設定方法(APN)

11.BIGLOBEモバイルのまとめ

筆者は携帯業界に籍を置いている人間ですが、正直格安SIMには通品品質の面で抵抗感がありました。

 

しかし、BIGLOBEモバイルに関しては、通信速度が落ちることはあっても、「圏外」になるようなことはなく、今のところ快適に使えています。

 

何より 3GBのデータ通信が使えて半年間月額440円(税込)で持つことができ、YouTubeをどれだけ見ても「ギガ」を消費しないBIGLOBEモバイルのプランはとても「ユニークで個性的なプラン」だと思いました。

 

BIGLOBEモバイルが合う方、合わない方、それぞれだと思いますが、お得なキャンペーンを利用して、BIGLOBEモバイルを試してみてはいかがでしょうか?

 

BIGLOBEモバイルのキャンペーン情報

  • プラン料金初月無料!※初月解約時を除く
  • 1年間税込770円/月(3GBまで)で利用可能!
  • YouTube、Spotifyなどの通信量がノーカウント
    エンタメフリーオプションが6ヶ月無料!
  • スマホ本体も一緒に購入するとさらに20,000円ポイント還元!
    ポイント還元でiPhone SE(第2世代)も20,000円引き!

 

iPhone SEも月額3,300 円!

お近くに弊社の店舗がありましたらお気軽にご相談ください!

スマホ乗り換え店舗
データ移行のみも対応しております。
予約可能 店舗一覧はこちら

 

スポンサーリンク



 

関連ブログ

合わせて読みたい

IIJmioのeSIMと楽天モバイル使ってみた(iPhone SE(第二世代))

合わせて読みたい

eSIMで、試しに楽天モバイルを使うための手順

合わせて読みたい

「家電量販店」「キャリアショップ」「携帯ショップ(併売店)」何が違う?

 


YouTubeも半年見放題!エンタメフリー・オプションはこちら

 

 

PAGE TOP