D-POPS

<!--移行済-->iPhone 12 miniは、iPhone SE2からどう進化したのか?

iPhone 12 miniは、iPhone SE2からどう進化したのか?

「片手で操作できるiPhoneが欲しい」

 

そんなiPhoneユーザーにとって待望のiPhone 12 miniが2020年11月13日に発売されました。

 

このiPhone 12 miniとiPhone 12 miniの約半年前に発売されたiPhone SE(第二世代)(以下iPhone SE2)は、「小型のiPhone」というカテゴリーで括られることもあり、どちらを買おうか迷っている方も多いのではないでしょうか?

 

今回は、iPhone 12 miniより本体価格が3万円安いiPhone SE2と小型iPhoneとして、注目を集めているiPhone 12 miniについて、価格やスペックなど皆さんが気になる違いについてまとめてみました。

目次

  1. SE2は4万円台、12 miniは7万円台から
  2. 持ちやすさは?
  3. 4倍向上した耐落下性能(表面ガラス)
  4. 広大な風景、浮かび上がる夜景が撮れる12 mini
  5. その他機能の違い
    認証方式|4G・5G|防水|Apple pay|充電方式
  6. iPhone SE2 iPhone 12 miniの違いまとめ

1.SE2は4万円台、12 miniは7万円台から

iPhone 12 mini アップルストア

本記事でとりあげるiPhone SE2 iPhone 12 miniの本体価格は、Appleストアでの価格となります。

 

iPhone SE2
64GB・・・44,800円
128GB・・・49,800円
256GB・・・60,800円

 

iPhone 12 mini
64GB・・・74,800円
128GB・・・79,800円
256GB・・・90,800円 ※価格は全て税別

 

2020年11月17日現在両モデルの価格差は3万円となります。この3万円の差額を高いとみるか、安いとみるかは、判断が分かれると思います。

 

ここからは、iPhone 12 miniとiPhone SE2の外観/機能/性能の違いについて書いていきますが、記事を読んで頂き「どちらを買うか」の判断基準にして頂ければと思います。

2.持ちやすさは?

iPhone 12 mini 持ちやすさ

iPhone SE2のサイズは、
138.4mm×67.3mm×7.3mm (高さ×幅×厚さ)

iPhone 12 miniのサイズは、
131.5mm×64.2mm×7.4mm (高さ×幅×厚さ)

となっており、iPhone 12 miniの方が高さと幅が小さくなっています。

 

本体重量に関しても、iPhone SE2が148g、iPhone 12 miniが133gとiPhone 12 miniの方が15g軽くなっています。

 

iPhone 12 miniの方がiPhone SE2の方より本体サイズは小さいですが、画面のサイズは、iPhone SE2が4.7インチ、iPhone 12 miniが5.4インチとなっておりiPhone 12 miniの方が大きくなっています。

 

これはiPhone 12 miniは画面の表示部分を広くし画面部分を囲む縁を極力狭くした「狭額縁化」設計がされているためです。

 

また、これは好みが分かれるところですが、本体側面を見てみるとiPhone SE2は丸みを持っていますが、iPhone 12 miniは平面的な形状をしています。

iPhone 12 mini 形状
 

実際にiPhone 12 miniを手にとって操作してみましたが、片手でも画面の端から端まで難なく操作することができました。

3.4倍向上した耐落下性能(表面ガラス)

iPhone 12 mini 耐落下性能

iPhone 12 mini(iPhone12シリーズ)は、iPhone SE2と比べて4倍の対落下性能を誇ると言われています。

 

それを実現させているのが、3つの仕組みです。

 

Ceramic Shield

このCeramic Shieldとは、iPhone12シリーズから採用されたもので、ナノサイズの結晶粒からなるセラミックがガラスに組み込まれたものです。

 

二重イオン交換プロセス

2つ目が擦り傷や引っ掻き傷など日常生活を送る上で避けられない傷から守る、この二重イオン交換プロセスをiPhone本体背面だけでなく、前面ガラス表面にも採用しました。

 

外装フレーム面とガラス面のフラット構造

3つ目がガラス表面と側面のフレーム部分の高さを同じにしたことによって、外装のフレーム面とガラス面がフラットになりました。これにより、ガラス面がより守られやすくなりました。

4.広大な風景、浮かび上がる夜景が撮れる12 mini

iPhone 12 mini カメラ性能

iPhone SE2 iPhone 12 mini共にフロントカメラの画素数は1,200万画素で違いはありません。

 

しかし、iPhone 12 miniは背面に二つのレンズを搭載した「デュアルカメラ」を搭載しています。

 

そのiPhone 12 miniのカメラが最大に効力を発揮するのが、旅行風景や大自然を撮影する時夜景を撮影する時です。

 

従来のカメラレンズが一つしかないスマホのカメラは、ズーム機能や鮮明な写真を撮るという点で一眼レフカメラより劣っていました。

 

そこで、スマホに搭載するカメラの数や種類を増やし、ひとつのカメラレンズの役割や機能を分けることによって、一眼レフカメラに匹敵する撮影ができるようになりました。

 

今では「デュアルカメラ搭載のスマホは一眼レフカメラに匹敵する撮影能力を持つ」とも言われます。

iPhone 12 mini 超広角カメラ

iPhone 12 miniに搭載してあるデュアルカメラのレンズは、「広角」と「超広角」の2つです。

 

「超広角」レンズの働きによって、例えば後ろに下がらなくても広大な大自然の風景を開放感溢れるイメージで写真が撮れたり、大きなイベント会場の生の雰囲気や空気感がつまった写真を撮ることができます。

 

iPhone 12 miniのもう一つの機能が「ナイトモード」です。暗い場所で明るさが足りない時、iPhone 12 miniが自動でその状況を察知し、ナイトモードが起動します。

 

ナイトモード起動時にシャッターを押すと、複数枚写真が撮影されます。そして撮影された画像は自動で処理され、最適な写真が合成されます。

5.その他機能の違い

iPhone 12 mini 各機能

ここからは、指紋認証・顔認証、5Gなどの通信方式の違い、防水機能、Apple Pay、充電方式などの機能についてまとめます。

 

Apple Pay、防水機能については両モデル共に大きな違いはありません。充電機能に関しても、どちらもワイヤレス充電対応となっています

 

今後、iPhoneを使っていくにつれて、影響が出てくると思われるのが、認証方式(指紋認証・顔認証)と通信方式(4G・5G)です。

 

iPhone SE2
認証方式・・・指紋認証(Touch ID)
通信方式・・・4G

 

iPhone 12 mini
認証方式・・・顔認証(Face ID)
通信方式・・・5G

 

5Gのエリアが日本国内で今後どこまで広がるかに注目が集まっていますが、現状iPhone SE2が受信できる電波は4Gまでとなります。

 

以下、iPhone SE2とiPhone 12 miniについて、携帯売り場でよく聞かれる機能についてまとめておきます。

iPhone 12 mini 機能表

6.iPhone SE2 iPhone 12 miniの違いまとめ

■価格差
iPhone SE2の方が3万円安い(税抜き)

 

■サイズ感
iPhone 12 miniの方が小型。
画面サイズはiPhone 12 miniの方が大きい

 

■耐落下性能
iPhone 12 miniはiPhone SE2の4倍

 

■カメラ機能
iPhone 12 miniはデュアルカメラ搭載。
広大な写真、綺麗な夜景が撮れる

 

■認証方式
iPhone SE2は指紋認証
iPhone 12 miniは顔認証

 

■通信方式
iPhone SE2は4G
iPhone 12 miniは5G

 

以上、「小型のiPhone」というカテゴリーで比較される、iPhone SE2とiPhone 12 miniの違いについてまとめてみました。

 

「ドコモ、au、ソフトバンクそれぞれのiPhone 12 miniの料金が知りたい」「iPhone 12 miniを手に持った感じを試したい」

 

そう思った方は、お近くの携帯ショップに足を運んでみてはいかがでしょうか?

関連ブログ

合わせて読みたい

「iPhone 動き遅い!」快適にするためのストレージの空け方とは?

合わせて読みたい

「家電量販店」「キャリアショップ」「携帯ショップ(併売店)」何が違う?

合わせて読みたい

LINE移行の仕方

お近くに弊社の店舗がありましたらお気軽にご相談ください!

スマホ乗り換え店舗
データ移行のみも対応しておりますのでお問い合わせください。

 

 

PAGE TOP