D-POPS

ニュースアプリ5選を比較!

ニュースアプリ5選を比較!

皆さんは、ニュースをどんな形で見ますか?
TVや、新聞や、スマホからなど、ニュース情報の見方はたくさんあります。

 

また、一言にニュースアプリと言っても、「ニュース」の内容が、それぞれに違います。
例えば新聞社やNHKなどのトップニュースを求めている人が、エンタメ系記事が多いアプリをダウンロードしても、求めているニュースが出てこない。といったことになってしまいます。
そこで今回は、各ニュースアプリの特徴と、どういうタイプの人におすすめかをまとめてみました。

 

ニュース アプリ

【目次】

  1. smart news(スマートニュース)
  2. グノシー
  3. LINEニュース
  4. Yahoo!ニュース
  5. 日本経済新聞 電子版

smart news(スマートニュース)

ニュース アプリ

『smart news(スマートニュース)』は、5,000万ダウンロードを突破した人気ニュースアプリです。
特徴としては、話題のニュースがサクサク読める内容になっていて、じっくり深堀りするという感じではなく、流し読みで見るようなイメージのニュースが多い点です。

 

内容としては、3,000以上のメディアと連携し「経済」「エンタメ」「スポーツ」など、あらゆるジャンルの最新ニュースを配信しています。好きなニュースチャンネルを自分好みに選択することもできます。

 

時事ネタや、その時に人気なホットニュースなどはトップニュースとして扱われ、細くピンポイントに見たいニュースなどは新型ウイルスの情報などカテゴリに分かれていて、簡単に探すことができます。

 

また、『smart news(スマートニュース)』には、全国25,000店舗以上で使えるお得なクーポンを毎日配信しています。
マクドナルドなどのファーストフード店や、ファミリーマートなどのコンビニエンスストア、しゃぶしゃぶのお店や、カフェや焼肉、ファミレスなど人気のチェーン店を取り扱っています。

 

昨日はなかったクーポンが今日は掲載されていることもあるので、毎日チェックしてしまいますね。
『smart news(スマートニュース)』は、朝の通勤時や時間が取れない方、流し読みでニュースが見たい方、一つのカテゴリを読み進めていきたい方にオススメのニュースアプリです。

 

スポンサーリンク




グノシー

ニュース アプリ

『グノシー』は、旬のニュースを無料配信しているアプリです。2020年10月現在は2,700万ダウンロードを突破しています。
『グノシー』の特徴としては、国内・海外のニュースだけでなく、「おもしろ」「どうぶつ」「レシピ」「Youtuber」など、暇つぶしコンテンツも充実している点です。

 

『smart news(スマートニュース)』と似ているカテゴリ展開ですが、韓流のカテゴリや動画のコンテンツが多い印象です。
『グノシー』もクーポンタブから、全国の飲食店のクーポンを入手できます。
一つの店舗のクーポン数は少ないですが、毎日更新される店舗の数は『smart news(スマートニュース)』よりも数が多いです。

 

居酒屋のクーポンも多く、ビックカメラや吉野家と幅広いラインナップのクーポンが充実しています。
『グノシー』は、シェアしたい記事をLINEでシェアをすることができ、気になった記事や、あとで読みたいと思っていた記事も、いいね機能でハートのマークを押すと保存が出来ます。
ニュースのネタを探すのにちょうどいい文章量の記事なので、暇つぶしや、エンタメ系のニュースが見たい方にオススメです。

 

スポンサーリンク




LINEニュース

ニュース アプリ

『LINEニュース』は、LINEを使っている人なら誰でも閲覧ができるサービスです。
『LINEニュース』の特徴は、その人が興味のあるニュースが関連して出てくる傾向があり、芸能ニュースや最新ニュースが多い点です。

 

国内のニュースに加えて、海外のエンタメや海外の時事ネタも多く取り扱っています。
LINEと連携をしているので、LINEのタイムラインへ気になる記事もシェアができますし、情報収集としても深堀りができます。また、自分が良く見る記事が関連して出てくるので、見たい記事をすぐに見つけることが出来ます。

 

『LINEニュース』にも、クーポンが付いていて、店舗のアカウントを友だち追加するともらえるクーポンは、「ワンドリンクサービス」や「ワインおかわり無料」、「会計から20%OFF」、「500円OFF」、「1000円OFF」など、太っ腹な企画が多数あり、グルメだけでなく、美容系やレジャー、ガソリンスタンドなど、ジャンルが豊富なのも特徴です。

 

LINEを使っている人は、みんな使えるクーポンなので、LINE PayなどLINE一つで完結したい方やLINEのサービスを使っている人にオススメです。

 

スポンサーリンク




Yahoo!ニュース

ニュース アプリ

『Yahoo!ニュース』は、上記の3つのニュースアプリよりも、ニュース内容がしっかりしていて、深堀りしていくのにぴったりのニュースアプリです。
上記の3つのアプリに比べ、広告は少なめです。

 

トップに上がっているニュースが充実していて、短文から長文まで幅広くニュースの種類があります。グルメのコンテンツもあり、幅広いグルメの情報も見る事ができます。女性にも嬉しい内容コンテンツなので、男女共に楽しめると思います。

 

ライブという項目があり、テレビ系列の動画が配信されているので、映像でも文章でもニュースの情報を見る事が可能です。

 

ニュース アプリ

また、都道府県別にニュースが読める機能がついていてその設定をすると、そこにいる都道府県や地域のニュースが出てくるようになります。

 

天気予報もついているので、ニュースをみるついでに天気も確認することが出来ます。
『Yahoo!ニュース』は、しっかりと記事を読みたい方、ニュースの深堀りをして行きたい方にオススメです。

 

スポンサーリンク




日本経済新聞 電子版

ニュース アプリ
『日本経済新聞 電子版』は、名前の通り、日本経済新聞のモバイル版になります。経済中心の記事で、しっかりしたニュースが多い印象です。
新聞をスマホで読めるという記事の内容になりますが、基本的には会員登録をして、有料会員にならないと読めない記事が多いです。

 

会員登録をすると、朝刊、夕刊が読めるようになり、有料記事や、記事の保存、自動で読みたい記事の収集をしてくれるコンテンツがつきます。(¥4,300/月)
経済に関連したコラム、インタビュー記事も読む事ができ、株価も一緒に見る事ができるので、一度にたくさんの情報が入ります。

 

また、その様々な情報から経済の勉強としても使う事ができます。
『日本経済新聞 電子版』は、仕事や経済の情報など、紙媒体だとかさばる、通勤時間を有効的に使って読みたい方にオススメです。

 

スポンサーリンク




ニュース アプリ

いかがでしたでしょうか?
まとめると新聞社やNHKなどのトップニュースを求めている人は、「Yahoo!ニュース」「日本経済新聞 電子版」がおすすめです。逆に、トップニュース以外でも、興味関心がある情報は収集したい、といった人は、「LINEニュース」や、「スマートニュース」、「グノシー」がおすすめです。

 

ひとつのニュースアプリに絞って使うのもいいと思いますが、用途に分けて使うとより多くの情報が手に入りそうですね。
クーポンも使えるという点でも、魅力的なアプリケーションです。
ぜひ、気になるニュースアプリを試してみてください!!

 

スポンサーリンク



PAGE TOP