D-POPS

INTERVIEW

2020入社(2年目/店長)Y.KEISUKE

2020入社(2年目/店長)Y.KEISUKE

入社理由

この会社なら自分の目標を実現できると感じたためです。
感じた理由は、3つあります。
1つ目は、実力があれば上に行けて、裁量権をいただけること。
2つ目は、先輩社員が夢・目標を持っていて輝いて見えたこと。
最後に、社長の考え方に大いに賛同したことです。
就活をしている際に、僕が嫌いだった言葉は、年功序列と安定です。
年功序列だから安定しているという言葉はもう昔の言葉です。良い変化こそ最大の安定だと考えています。
その点、D-POPSは常に変化し続けて、メガベンチャーに挑戦しています。
そんな企業に入り、メガベンチャーになることは当たり前として、その過程で自分の目標も叶えられると感じたため入社を決めました。

 

仕事内容

併売店の店長がまず目の前の仕事です。店長として責任を持ち、店舗を経営していく。これが僕がまず当たり前に行わないといけない仕事です。
次にチームリーダーとして、担当の2店舗の実績を上げる事と、その店舗の店長の能力を上げることです。店舗の実績だけではなく、店長自身の能力を向上させることも仕事だと考えています。
また、事業部内に個人の営業力を上げる仕組みが足りないことに気がつき、自ら希望者を募り、個人の営業能力を上げるためのグループを立ち上げ活動しております。
まだ模索しながらの活動ではありますが、各自強みを活かして伸ばしていき、それをグループ内で共有し、最強の個人を作り上げていくのが目標です。
全て会社にとって重要な仕事であるので、責任感を持って行動しています。



吉田仕事①
 

仕事のやりがい

まず、僕にとっての仕事はとても楽しいです。もちろん悩む時もありますが、それも成長の糧なので、全く辛くはありません。
僕の持論ですが、何事においても楽しんでいる人は強いと思います。この楽しさこそ仕事のやりがいです。
では、店長という立場からなぜ楽しいかというと、自分が行ったことが良いことも悪いことも全て自分に跳ね返ってくるからです。
戦略を練りつくし、成功した時はやりがいを大いに感じます。しかし、逆に戦略を練り尽くして、失敗した時でもやりがいを感じます。失敗したとしても、原因を探り改善をすればいいだけです。
まずは、戦略を練り尽くし、行動することに意味があります。その行動の質と量こそが仕事の楽しさになり、仕事のやりがいにつながっています。

 

休日の過ごし方

外に出かけることが多いです。
主に新しいものにふれる or お気に入りの場所に行きます。


吉田プライベート①

吉田プライベート②

 

将来の夢/目標

日本の20代の幸福度を上げる。そのための手段として、社長になることです。



吉田仕事②
 

就職活動中の学生へ
メッセージ

D-POPSで仕事を行い、気づいたことは多くあります。その中でも、大事なことを2点お伝えできればなと思います。
 
1点目は、しっかりと過去を振り返り、現在を確認し、未来に大いな夢・目標を描くことです。
僕もそうでしたが、就職活動をしているときは今までの人生を振り返り、今何が自分にできるかを確認し、今後の人生に夢・目標を描き、それらを実現するための会社を選びました。
その際に大事なことは、目標は大きすぎるくらいがちょうどいいということです。
目標が小さければ、志も行動も結果も小さくなります。しかし、目標を大きく描き、絶対に成すと決め、行動することができれば、志も行動も結果も大きくなります。僕はそう信じて、大きな目標を立て行動し続けています。
上記のことは、会社に入る前に持っておいた方が良いマインドです。
 
2点目は、実際に僕が現場で働いてみて、実感したポイントになります。
それは、人が大いに成長するためには、責任の量と質が重要ということです。
理由は、人間はついつい楽な道を進んでしまう生き物だからです。しかし、楽な道をいくら進んだとしても、その先に成長は待ってはいません。待っているのは、今の自分以下の自分です。なので、僕はあえて厳しい道、辛い道を進んでいきます。
実はその方が、自分の目標達成のための近道だと実感しているからです。
 
D-POPSには、実力さえあれば早期に責任ある仕事を任せていただき、成長するためのステージがあります。
大手企業と比べてしまうと、まだまだ未熟な部分もあります。しかし、僕はその道こそが成長への近道であると信じて、成長のステージをより大きく多くし、整え、後ろに繋げていきます。
皆さんの就職活動のヒントになれば幸いです。僕も頑張ります。皆さんも頑張ってください。


RECRUIT-TOP
interview
PAGE TOP